このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

企画展「藍染 東村山でつくられた染料と衣類」

更新日:2022年6月27日

藍染というと、伝統工芸品を思い浮かべる人も多いと思いますが、合成染料が普及する以前の私たちの暮らしでは、日常に使うさまざまな物が藍系統の色に染められていました。
いまでは、東村山で藍染の原料である藍を栽培し染料として出荷したり、藍染が行なわれていたことを知る人は少なくなりましたが、藍を染める職人である紺屋(こうや)を屋号(やごう)とする家もあったのです。
本展では、東村山でつくられていた染料としての藍と、藍で染められた衣類について、文書史料や当館所蔵資料からさぐり、紹介します。

企画展「藍染 東村山でつくられた染料と衣類」のチラシをPDFでひらくことができます。

会期 等

 令和4年4月29日(金曜、祝日)から6月26日(日曜)まで
(注記) 会期中、展示替えを行ないます
    前期 :4月29日(祝・金曜)から5月22日(日曜)
    後期 :5月25日(水曜)から6月26日(日曜)

休館日

 月曜、火曜、5月6日(金曜)

開館時間

 午前9時30分から午後5時まで

観覧料

 無料

  • ただし、新型コロナウイルス感染症の感染を防ぐため、観覧者が多数になった場合は、入場を制限させていただく場合がございます。

アクセス

  • 西武鉄道「東村山駅」西口より徒歩8分
  • 西武鉄道「東村山駅」西口よりグリーンバス諏訪町循環に乗り、「ふるさと歴史館」停留所下車すぐ

展示説明会

展示室で、展示資料や内容を担当学芸員が説明します。

日時

  • 第1回 概説と衣類編 : 5月22日(日曜)  
  • 第2回 文書編 : 6月5日(日曜)   

両日とも、午後2時から30分程度を予定しております。

申し込み

  • 申込開始日時 :4月17日(日曜) 午前9時30分より
  • 電話または直接、電子申請(電子申請は申込日以降でないと受付の画面へ移動できません)
  • 定員 :各日20名(先着)

参加費

 無料

展示図録の頒布

展示図録「企画展「藍染 東村山でつくられた染料と衣類」

企画展「藍染 東村山でつくられた染料と衣類」の展示内容とまとめた冊子です。フルカラー。

● 1冊 250円

● ふるさと歴史館の受付、東村山市役所1階「情報コーナー」にて頒布中

● 郵送にて購入希望の方はこちら

● 東村山市内の図書館にてもご覧いただけます

動画の公開


動画 YouTubeにて公開

展示室を動画にて公開しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3(たいけんの里:〒189-0022東村山市野口町3丁目48番地1)
電話:直通:042-396-3800(たいけんの里:042-390-2161 内線 ふるさと歴史館:3890~3892 たいけんの里:3893)  ファックス:042-396-7600(たいけんの里:042-390-2162)
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る