このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 市政情報 の中の 男女共同参画・人権 の中の 男女共同参画 の中の 講座・イベント等 の中の ワーク・ライフ・バランス推進講座 の中の 令和3年度「~育児と仕事を両立させる~男性の育児休業を学ぶ講座」 のページです。


本文ここから

令和3年度「~育児と仕事を両立させる~男性の育児休業を学ぶ講座」

更新日:2021年11月30日

令和3年度「~育児と仕事を両立させる~男性の育児休業を学ぶ講座」は終了しました。

育児休業を取得する際にハードルとなる、意識や知識不足を解消し、家族として上手な役割分担をして豊かな生活環境を生み出しましょう。また、法整備や適切な対応方法を土台として育休中の過ごし方や家事・育児と仕事の両立、職場復帰後の両立のポイントを知り、貴方にとって最も充実したワークライフバランスを保ちましょう。

ちらし

(注記)
マスクの着用・手指の消毒にご協力ください。
新型コロナウイルス感染症予防のため、当日受付で検温のほか、体調等についてお聞きします。体調不良等の場合は受講や託児をご遠慮いただく場合があります。あらかじめご了承ください。

日時

令和3年11月27日(土曜)
午後2時から3時30分

場所

中央公民館 第1・第2集会室 

定員

先着24名

参加費

無料

講師


堺 真理子(さかい まりこ)氏

海外大統領直結機関、国内公的機関、民間企業、求職者訓練など幅広い分野と幅広い層を対象に活動中。 米国人付き秘書、外国人案内所勤務を経て、東京都講師21年目、人材開発コンサルタントとしてフリーの活動は29年目。国際マナーでは、日本経済新聞、東京交通新聞、北海道新聞に掲載される。 国際事情を踏まえた総合的、多角的な伝え方は楽しく有効であると定評がある。

申し込み

11月4日(木曜)午前9時より電子申請又は電話:042-393-5111(内線2557)で、市民相談・交流課へお申し込みください。申し込みには下記事項をお伺いいたします。
(注記)電子申請ご利用になる場合は、パソコンまたはスマートフォンをご利用ください(携帯電話での申請はできません)

  •  参加を希望する講座名(~育児と仕事を両立させる~男性の育児休業を学ぶ講座)
  •  氏名(ふりがな)
  •  住所(市内・市外の別、町名)
  •  電話番号
  •  性別
  •  託児希望の有無(有りの場合、お子様の名前(ふりがな)・年齢)

定員に達し次第、申し込み受付終了

託児について

対象年齢:生後3か月から就学前までのお子様
費用:無料
定員:4名(先着順・予約制)
申込締切:令和3年11月19日(金曜)

(注記)定員に達した時点で締切となります

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

市民部市民相談・交流課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 消費生活センター:3311 市民相談係:3312 多文化共生係:3313 男女共同参画推進係:3314)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
市民部市民相談・交流課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る