○東村山市子育て世代包括支援センター事業に関する規則

令和元年9月25日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第22条第1項の規定に基づき、子育て世代包括支援センター(以下「支援センター」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(支援センターの設置)

第2条 市長は、支援センターの事業(以下「支援センター事業」という。)を実施するため、支援センターを東村山市いきいきプラザ内に設置する。

(支援センター事業の内容)

第3条 支援センターは、法第22条第2項に規定する母性並びに乳児及び幼児の健康の保持及び増進に関する包括的な支援として、次に掲げる事業を行う。

(1) 母子健康診査事業

(2) 母子保健指導等事業

(3) 妊産婦等保健相談支援事業

(4) 産前・産後サポート事業

(5) 乳児家庭全戸訪問事業

(6) 育児支援訪問事業

(関係機関との連携)

第4条 市長は、子育て支援に係る施設及び関係機関との連携を密にし、支援センター事業が円滑かつ効果的に行われるよう努めなければならない。

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか、支援センター事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、令和元年10月1日から施行する。

東村山市子育て世代包括支援センター事業に関する規則

令和元年9月25日 規則第23号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第8編 福祉・衛生/第5章 保健衛生
沿革情報
令和元年9月25日 規則第23号