○東村山市体育施設条例施行規則

平成30年3月29日

規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、他に特別の定めがある場合を除くほか、東村山市体育施設条例(昭和39年東村山市条例第36号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休場日等)

第2条 体育施設の休場日及び開場時間は、別表のとおりとする。ただし、市長は、事情によりこれを変更し、又は臨時に休場日を指定することができる。

(使用対象)

第3条 体育施設を使用できる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 東村山市内に在住、在勤又は在学する者

(2) 前号に掲げる者のほか、市長が認めた者

(使用の申請)

第4条 体育施設(東村山市運動公園野球場(トラック競技場を含む。)、東村山市運動公園庭球場及び東村山市久米川庭球場に限る。)を使用しようとする者は、東村山市屋外体育施設使用申請書(第1号様式。以下「使用申請書」という。)を市長に提出し、又は公共施設予約システム(通信回線を利用して電子計算機処理により公共施設の予約等を行うシステムをいう。以下同じ。)により市長の許可を受けなければならない。

2 前項の規定による申請は、使用しようとする日の3月前の日の属する月の15日から当該月の末日まで(使用申請書で申請する場合については、当該期間の初日又は末日が東村山市民スポーツセンター(以下「センター」という。)の休館日に当たるときは、初日にあってはその日後の最初のセンターの開館日とし、末日にあってはその日前の直近のセンターの開館日とする。次項において同じ。)の間これを受け付けるものとし、公共施設予約システムによる抽選によって使用者を決定する。ただし、市長は、公用その他特別の理由があるときは、抽選によらないで使用者を決定することができる。

3 前項の規定により使用者を決定した後の申請は、使用しようとする日の2月前の日の属する月の20日から前日までの間これを受け付ける。ただし、市長が認めたときは、受付期限を過ぎても、申請することができる。

4 使用時間は、2時間を1単位とする。ただし、市長が特に認めた場合は、この限りでない。

5 公共施設予約システムの利用に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(使用の許可)

第5条 市長は、条例別表第2に定める使用料の納付と引換えに、使用者に使用許可書(第2号様式)を交付するものとする。

2 体育施設を使用するときは、前項の使用許可書を係員に提示しなければならない。

3 第1項の規定にかかわらず、プールの使用については、使用する日に使用料の納付と引換えに、入場券を交付するものとする。

4 プール使用者は、プールの使用前及び使用後に前項の入場券を係員に提示しなければならない。

(超過使用料)

第6条 条例第7条第1項ただし書の規定に基づき、体育施設の使用時間を延長して使用した場合の超過使用料は、1時間(1時間に満たない端数はこれを1時間とする。)につき条例別表第2に定める使用料の1時間相当額とする。

(使用料の免除)

第7条 条例第7条第2項の規定により使用料の免除を受けようとする者は、東村山市屋外体育施設使用料免除申請書(第3号様式。以下「使用料免除申請書」という。)を市長に提出し、その承認を受けなければならない。ただし、同項第2号又は第4号に該当する場合及び公共施設予約システムにより免除の登録をして承認を受けた場合は、使用料免除申請書の提出を省略することができる。

(使用料の還付請求)

第8条 条例第8条ただし書の規定に基づき、使用料の還付を受けようとする者は、東村山市屋外体育施設使用料還付請求書(第4号様式)に使用許可書を添えて、市長に提出しなければならない。

(使用日の変更)

第9条 市長は特別の事情があると認めたときは、使用者の申請に基づき、使用日を変更することができる。

(使用者の義務)

第10条 体育施設を使用する者は、条例その他関係規程を守り、市長の指示に従わなければならない。

2 プール使用者は、プール内における危険及び事故防止並びに衛生及び環境の保全に努めなければならない。

3 プール使用者は、プール内に貴重品を持ち込まないようにするとともに、盗難防止のため、コインロッカーを使用するよう努めなければならない。

(秩序の維持)

第11条 市長は、プール使用者が次の各号のいずれかに該当する場合、プールへの入場を拒否し、又は制限することができる。

(1) 付添人のない小学校3年生以下の児童及び幼児

(2) 心臓疾患のある者及び病弱者

(3) 伝染性疾患のある者

(4) 酒気を帯びている者

(5) 医師より水泳を禁止されている者

(6) その他施設管理上支障があると認められる者

(使用料の徴収の委託)

第12条 条例第7条第1項の使用料については、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第158条第1項の規定に基づき管理人その他の者にその徴収を委託することができる。

2 前項の規定に基づき委託を受けた者(次項において「受託者」という。)は、使用料を徴収したときは、その支払いをした者に領収書を交付しなければならない。

3 受託者は、徴収した使用料の内容を示す計算書を添えてその徴収した日の属する週の翌週の指定された日までに当該徴収金を会計管理者又は指定金融機関等に払い込まなければならない。

4 前3項に定めるもののほか、使用料の徴収の委託に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第2条)

体育施設名

休場日

開場時間

東村山市運動公園野球場(トラック競技場を含む。)

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

1月から3月まで及び12月 午前7時から午後5時まで

4月から11月まで 午前7時から午後9時まで

(夜間の取扱い)

4月から9月まで 午後6時から午後9時まで

10月及び11月 午後5時から午後9時まで

東村山市運動公園庭球場

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

1月から3月まで及び12月 午前7時から午後5時まで

4月から11月まで 午前7時から午後9時まで

(夜間の取扱い)

4月から9月まで 午後6時から午後9時まで

10月及び11月 午後5時から午後9時まで

東村山市久米川庭球場

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

1月から3月まで及び10月から12月まで 午前9時から午後5時まで

4月から9月まで

日曜日及び祝日 午前8時から午後6時まで

上記以外の日 午前9時から午後6時まで

東村山市運動公園プール

市長が別に定める。

午前9時30分から午後5時30分まで

東村山市健康広場

無休

午前8時から午後6時まで

東村山市秋津ゲートボール場

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

午前8時30分から午後5時まで

東村山市青葉ゲートボール場

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

午前8時30分から午後5時まで

東村山市萩山ゲートボール場

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

午前8時30分から午後5時まで

東村山市恩多ゲートボール場

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

午前8時30分から午後5時まで

東村山市北川ゲートボール場

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

午前8時30分から午後5時まで

東村山市ゲートボール場公園

1月1日から1月3日まで及び12月28日から12月31日まで

午前8時30分から午後5時まで

画像

画像

画像

画像

東村山市体育施設条例施行規則

平成30年3月29日 規則第17号

(平成30年4月1日施行)