○東村山市妊産婦等保健相談支援事業に関する規則

平成28年7月8日

規則第70号

(趣旨)

第1条 この規則は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第59条第1号の規定に基づき、東村山市内の妊産婦等の妊娠期から子育て期までの母子保健及び育児に関する様々な悩み等に対して、保健師、助産師又は看護師が専門的な見地から相談支援その他の必要な支援を行う事業(以下「妊産婦等保健相談支援事業」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(実施場所)

第2条 妊産婦等保健相談支援事業は、東村山市役所内において実施する。

(事業内容)

第3条 妊産婦等保健相談支援事業の内容は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 母子保健や育児に関する相談に対応すること。

(2) 妊産婦等の情報の収集及び当該妊産婦等に対する母子保健サービス等の情報提供を行うこと。

(3) 手厚い支援を要する妊産婦等について、関係機関との連携のもと、支援計画を策定すること。

(4) 母子保健サービス等の支援の包括的な提供に関し、関係機関との協議の場を設けるとともに、地域におけるネットワークづくりを行い、その活用を図ること。

(5) その他妊産婦等保健相談支援事業を円滑にするための必要な業務に関すること。

(関係機関との連携)

第4条 市長は、子育て支援に係る施設及び関係機関に対し、妊産婦等保健相談支援事業の周知を積極的に図るとともに、当該施設及び関係機関との連携を密にし、同事業が円滑かつ効果的に行われるよう努めなければならない。

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか、妊産婦等保健相談支援事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用する。

東村山市妊産婦等保健相談支援事業に関する規則

平成28年7月8日 規則第70号

(平成28年7月8日施行)

体系情報
第8編 福祉・衛生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成28年7月8日 規則第70号