○東村山市老人クラブ運営費の補助に関する規則

平成26年4月28日

規則第35号

(目的)

第1条 この規則は、老人福祉法(昭和38年法律第133号)第13条の規定に基づき、東村山市内における老人クラブが行うクラブ活動等の運営費の補助を行い、老人福祉の増進に資することを目的とする。

(補助対象団体)

第2条 補助対象団体は、東村山市老人クラブ連合会に加入し、市内で活動する老人クラブで、次の各号に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。

(1) 政治上、宗教上の組織に属していないこと。

(2) 概ね60歳以上の者で構成されていること。

(3) 市内に居住する、概ね30人以上の者で組織されていること。

(4) 年間を通じて恒常的かつ計画的に活動を実施していること。

(5) 会員の総意により自主的に運営されていること。

(6) 会費を徴収し、運営経費の財源としていること。

(7) その他老人クラブとして適切な条件を満たしていること。

(補助対象経費)

第3条 補助対象経費は、老人クラブの次の各号に掲げる活動に要する経費とする。

(1) 社会奉仕活動

(2) 健康を進める活動

(3) 生きがいを高める活動

(4) その他老人クラブの活動に要する経費で適当と認められるもの

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる経費は補助の対象外とする。

(1) 交際費(慶弔費を含む。)

(2) その他補助金の使途として不適切と認める経費

(補助金額)

第4条 補助金の額は、前条に規定する補助対象経費で、1団体につき120,000円に当該団体の市内在住の会員数に2,000円を乗じて得た額を加えた額を上限とし、毎年度予算の範囲内で市長が定める額とする。

(補助金の申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする老人クラブ(以下「申請者」という。)は、市長に対し、その定める期日までに、東村山市老人クラブ運営費補助金交付申請書(第1号様式)を提出し、補助金の申請をしなければならない。

2 前項の申請書には、次の各号に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 老人クラブの概要(第2号様式)

(2) 年間活動計画(第3号様式)

(3) 収支計画書(第4号様式)

(4) その他市長が必要と認める書類

(補助金の交付決定)

第6条 市長は、前条の申請があったときは、その内容を審査の上、補助の適否を決定し、東村山市老人クラブ運営費補助金交付決定通知書(第5号様式)により申請者に通知するものとする。

2 市長は、前項の決定に条件を付することができる。

(補助金の概算払)

第7条 市長は、補助金については、概算払をすることができる。

2 前項の概算払は、年2回に分けて行うことができる。

(補助金の請求)

第8条 第6条の規定により補助金の交付決定を受けた者(以下「交付決定者」という。)は、市長に対し、その定める期日までに、東村山市老人クラブ運営費補助金請求書(第6号様式)を提出し、補助金の請求(前条の規定により補助金の概算払を受ける場合を含む。)をしなければならない。

(実績報告等)

第9条 交付決定者は、市長が定める期日までに、東村山市老人クラブ活動実績報告書(第7号様式)次の各号に掲げる書類を添えて、市長に提出するものとする。

(1) 活動状況報告書(第8号様式)

(2) 月ごとの活動状況(第9号様式)

(3) 収支報告書(第10号様式)

2 前項に規定するもののほか、市長は、特に必要と認めるときは交付決定者に老人クラブの運営状況等の報告を求めることができる。

(補助金の額の確定)

第10条 市長は、前条に規定する実績報告書の提出を受けたときは、その内容を審査の上、補助金の額を確定し、東村山市老人クラブ運営費補助金額確定通知書(第11号様式)により交付決定者に通知する。

(補助金の精算)

第11条 概算払を受けた交付決定者は、前条の規定による確定通知を受けたときは、速やかに補助金を精算しなければならない。

(経費区分及び帳簿等の整理保管)

第12条 交付決定者は、補助金の対象となった事業に関する経理については、他の経理と区分し、収入及び支出を明らかにした帳簿を備え、かつ、当該収入及び支出についての証拠書類を整理して5年間保管しておかなければならない。

(決定の取消し)

第13条 市長は、交付決定者が次の各号の一に該当するときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 第2条に規定する補助対象団体に該当しなくなったとき。

(2) 補助金を第3条第1項に規定する経費以外の用途に使用し、又は同条第2項に規定する経費の用途に使用したとき。

(3) 偽りその他不正な手段により補助金を受けたとき。

(4) この規則又は補助の条件に違反したとき。

(補助金の返還)

第14条 市長は、補助金の交付の決定を取り消した場合において、当該取消し部分に関し既に補助金が交付されているときは、期限を定めてその返還を命じるものとする。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成26年度分の補助金の交付から適用する。

附 則(平成26年9月12日規則第70号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

東村山市老人クラブ運営費の補助に関する規則

平成26年4月28日 規則第35号

(平成26年9月12日施行)