○東村山市子育てひろば事業に関する規則

平成20年2月1日

規則第3号

東村山市子育てひろば事業に関する規則(平成14年東村山市規則第43号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規則は、地域において乳幼児を持つ親が安心して子育てが行えるよう支援する事業(以下「子育てひろば事業」という。)を実施することにより、地域の子育て支援機能の充実を図り、もって児童の健全育成及び子育てをしている家庭の福祉の向上に寄与することを目的とする。

(事業の種類)

第2条 子育てひろば事業の種類は、次のとおりとする。

(1) 施設型ひろば事業

(2) 一般型ひろば事業

(施設型ひろば事業)

第3条 施設型ひろば事業は、東村山市立の児童館、民間保育所等を利用し、次の各号に掲げる支援を行うものとする。

(1) 乳幼児及びその保護者(以下「乳幼児親子」という。)が利用できる交流の場の提供並びに乳幼児親子同士の交流を深める取組みに関すること。

(2) 乳幼児親子からの子育てに関する相談に応じること。

(3) 地域の子育てに関する情報を提供すること。

(4) 子育て及び子育て支援に関する講習等を行うこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、子育てに関すること。

(施設型ひろばスタッフ)

第4条 施設型ひろば事業に施設型ひろばスタッフを置く。

2 施設型ひろばスタッフは、前条各号に掲げる支援に従事する。

3 施設型ひろばスタッフは、施設型ひろば事業の実施施設あたり1人以上とし、子育ての知識と経験を有する者をもって充てる。

(一般型ひろば事業)

第5条 一般型ひろば事業は、地域の拠点施設において、第3条各号に掲げる支援を行うものとする。

2 前項に規定するもののほか、一般型ひろば事業は、地域の実情等に応じて、次の各号に掲げる取組みを行うことができる。

(1) 公共施設等を活用した出張ひろばの取組み

(2) 高齢者・地域学生等地域の多様な世代との連携を継続的に実施する取組み

(3) 地域の団体と協働して伝統文化や習慣・行事を実施し、親子の育ちを継続的に支援する取組み

(4) 地域ボランティアの育成、町内会、子育てサークルとの協働による地域団体の活性化等地域の子育て資源の発掘・育成を継続的に行う取組み

(一般型ひろばスタッフ)

第6条 一般型ひろば事業に一般型ひろばスタッフを置く。

2 一般型ひろばスタッフは、前条の規定により一般型ひろば事業が行う支援及び取組みに従事する。

3 一般型ひろばスタッフは、一般型ひろば事業の実施施設あたり2人以上とし、子育ての知識と経験を有する者をもって充てる。

(利用対象者)

第7条 子育てひろば事業の利用対象者は、次の各号に掲げるものとする。ただし、乳幼児の利用は、保護者の付添いを要するものとする。

(1) 市内に居住し、若しくは在勤する乳幼児の保護者又は当該乳幼児

(2) 市内に居住し、又は在勤する妊婦

(3) 前2号に掲げる者のほか、市長が特に認める者

(実施施設及び実施日時等)

第8条 子育てひろば事業の実施施設、実施日及び実施時間は、事業の種類に応じて別表に定めるとおりとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めるときは、子育てひろば事業の実施日若しくは実施時間を変更し、又は実施を休止することができる。

(利用登録)

第9条 子育てひろば事業を利用しようとする乳幼児の保護者又は妊婦は、最初の利用の際に、市長に東村山市子育てひろば利用登録届(第1号様式)を提出して利用登録を受けなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、東村山市子育て総合支援センターにおいて実施するセンター型ひろば事業の利用にあっては、東村山市地域福祉センター条例施行規則(平成20年東村山市規則第57号)第4条第2項の規定により個人登録証の交付を受けた者は、同条第3項の有効期間において、当該個人登録証の提示をもって前項の利用登録を受けた者とみなす。

(利用の制限)

第10条 市長は、次の各号の一に該当すると認めるときは、子育てひろば事業の利用を制限することができる。

(1) 児童の健全な育成を害するおそれがあるとき。

(2) 災害その他の事故により施設が使用できなくなったとき。

(3) 前2号のほか、施設の管理上支障があるとき。

(関係機関との連携)

第11条 市長は、子育てひろば事業の実施に際し、子ども家庭支援センターその他の子育て関係機関との連携及び調整を図るよう努めなければならない。

(子育てひろば事業の運営委託)

第12条 市長は、子育てひろば事業を社会福祉法(昭和26年法律第45号)第22条に規定する社会福祉法人、特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項に規定する特定非営利活動法人、民間事業者その他これらに類する者に委託することができる。

(委任)

第13条 この規則に定めるもののほか、子育てひろば事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年5月25日規則第44号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前の東村山市子育てひろば事業に関する規則の規定に基づいて平成21年4月1日からこの規則の施行の日の前日までの間に実施された事業は、この規則による改正後の東村山市子育てひろば事業に関する規則の規定に基づいて実施された事業とみなす。

附 則(平成23年6月10日規則第52号)

この規則は、平成23年7月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の東村山市子育てひろば事業に関する規則の規定は、平成25年4月1日から適用する。

附 則(平成28年4月8日規則第49号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第10条)

事業の種類

実施施設

実施日

実施時間

施設型ひろば事業

東村山市本町児童館

月曜日~金曜日

ただし、実施施設が定める休館日を除く。

午前10時~午後1時

ほんちょう保育園

(東村山市本町3丁目43番地1)

月曜日~金曜日

ただし、実施施設が定める休所日を除く。

午後1時~午後4時

一般型ひろば事業

東村山市立第四保育園

月曜日~土曜日

ただし、実施施設が定める休所日を除く。

午前9時30分~午後3時30分

のぐちちょう子育てひろば(東村山市野口町2丁目4番地36)

月曜日~土曜日

ただし、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに1月2日、同月3日及び12月29日から同月31日までの日を除く。

午前10時~午後4時

東村山市子育て総合支援センター

火曜日~土曜日

ただし、実施施設が定める休館日を除く。

午前10時~午後4時

画像

東村山市子育てひろば事業に関する規則

平成20年2月1日 規則第3号

(平成28年4月8日施行)