○東村山市路上喫煙等の防止に関する条例施行規則

平成20年1月31日

規則第1号

(定義)

第2条 この規則に定める用語の意義は、条例に定めるところによる。

(指定等の告示)

第3条 条例第6条第3項(第7条第2項及び第9条第2項において準用する場合を含む。)に規定する規則で定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 指定又は指定の変更若しくは解除(次号において「指定等」という。)を行う地区又は場所の名称及び区域

(2) 指定等の効力が生ずる日

(周知)

第4条 市長は、条例第6条第1項第7条第1項又は第9条第1項の規定により推進地区、禁止地区又は喫煙場所を指定したときは、当該地区又は場所において、標識を設置する等適切な方法により周知するものとする。

(路上喫煙等防止指導員)

第5条 条例第10条の規定に基づく指導に係る事務を行わせるため、東村山市路上喫煙等防止指導員(以下「指導員」という。)を置く。

2 指導員は、職員の中から市長が任命する。

3 指導員は、東村山市路上喫煙等防止指導員証(第1号様式)を携帯し、関係人から請求があったときは、これを提示しなければならない。

(指導)

第6条 条例第10条に規定する指導は、口頭又は路上喫煙等是正措置指導書(第2号様式)の交付により行うものとする。

(告知及び弁明の機会の付与)

第7条 市長は、条例第11条の規定による過料の処分をしようとする場合は、あらかじめ、告知・弁明書(第3号様式)により告知し、弁明の機会を付与しなければならない。

(過料)

第8条 市長は、条例第11条の規定により過料を科する場合は、路上喫煙等過料処分書(第4号様式)を交付するものとする。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成20年6月1日から施行する。

(準備措置)

2 推進地区、禁止地区及び喫煙場所の指定に係る手続その他この規則を施行するために必要な準備行為は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成22年12月22日規則第72号)

この規則は、平成22年12月26日から施行する。

画像

画像

画像

画像

東村山市路上喫煙等の防止に関する条例施行規則

平成20年1月31日 規則第1号

(平成22年12月26日施行)