○東村山市学校施設コミュニティ開放推進委員会等委員表彰規程

平成19年3月30日

教育委員会規程第2号

(目的)

第1条 この規程は、東村山市立学校施設の開放に関する規則(平成5年東村山市教育委員会規則第3号)第2条第2項第4号に規定する学校施設コミュニティ開放推進委員会(以下「コミュニティ委員会」という。)及び学校施設土曜開放推進団体(以下「推進団体」という。)の委員(以下「委員」という。)の表彰等に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(表彰)

第2条 東村山市教育委員会(以下「委員会」という。)は、委員会が推進する東村山市立学校(分校を除く。)の施設(以下「学校施設」という。)の開放施策に長年、地域において協力している委員で、次の各号のいずれかに該当する者があるときは、表彰状を贈呈することができる。

(1) コミュニティ委員会及び推進団体の活動を通じ、学校施設の開放施策に貢献し、その功績が顕著であると委員会が認めた者

(2) 前号のほか、学校施設の開放施策に関し特に功労が顕著であると委員会が認めた者

(感謝状)

第3条 委員会は、コミュニティ委員会又は推進団体の活動に関して功労があり、コミュニティ委員会又は推進団体の推せんを受けた委員で、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、感謝状を贈呈することができる。

(1) 通算3期以上又は継続して6年以上その活動に従事している者

(2) 委員としてコミュニティ委員会及び推進団体の運営、発展に特に貢献した者

(表彰等の制限)

第4条 前2条の規定にかかわらず、次の各号の一に該当する者には、表彰状及び感謝状の贈呈を行わない。

(1) 既に同一の事績によって表彰状又は感謝状を贈呈された者

(2) 議会の議員及び市職員

(3) 他の事由により表彰状又は感謝状の贈呈が適当でないと委員会が認める者

(表彰等の方法)

第5条 表彰等は、次により行うものとする。

(1) 表彰状の贈呈は、コミュニティ開放推進委員長会議及び推進団体代表者会議の場で行う。

(2) 感謝状の贈呈は、各学校のコミュニティ委員会及び推進団体の指定する場で行う。

(委任)

第6条 この規程の施行に関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

東村山市学校施設コミュニティ開放推進委員会等委員表彰規程

平成19年3月30日 教育委員会規程第2号

(平成19年3月30日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成19年3月30日 教育委員会規程第2号