○東村山市安全安心まちづくり連絡会に関する規則

平成18年3月31日

規則第26号

(目的)

第1条 この規則は、東村山市安全・安心まちづくり条例(平成17年条例第32号。以下「条例」という。)第10条に規定する東村山市安全安心まちづくり連絡会(以下「連絡会」という。)の組織及び運営に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(所掌事項)

第2条 連絡会の所掌事項は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 条例第7条に規定する特別防犯対策地域の指定又は解除に係る意見に関すること。

(2) 条例第8条に規定する行動計画の策定に係る意見に関すること。

(3) 防犯活動の調査及び情報交換に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、犯罪防止のための活動に対する研究、研修等に関すること。

(組織)

第3条 連絡会は、別表に定める関係機関及び関係団体等から推薦を受けた者並びに市職員(以下「構成員」という。)をもって構成する。

(会長及び副会長)

第4条 連絡会に会長を1人及び副会長を2人置き、構成員の互選により選任する。

2 会長は連絡会を代表し、会務を総括する。

3 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(招集)

第5条 連絡会は、会長が招集し、その議長となる。

2 連絡会は、構成員の過半数が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(聴取)

第6条 連絡会は、必要があると認めるときは、構成員以外の者の出席を求め、説明又は意見を聴くことができる。

(庶務)

第7条 連絡会の庶務は、防災安全部防災防犯課において処理する。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、連絡会の運営に関し必要な事項は、会長が連絡会に諮って別に定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年5月15日規則第41号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年6月27日規則第55号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年7月27日規則第79号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和3年5月28日規則第43号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後のそれぞれの規則の規定は、令和3年4月1日から適用する。

別表(第3条)

関係機関・団体等

定員

警視庁東村山警察署

1名

東京都多摩小平保健所

1名

東村山防犯協会

1名

東村山市商工会

1名

東村山交通安全協会

1名

東村山市立小・中学校PTA連合協議会

1名

東村山市青少年対策地区連絡協議会

1名

北多摩北地区保護司会東村山分区

1名

東村山市民生委員・児童委員協議会

1名

東村山市職員

7名

東村山市安全安心まちづくり連絡会に関する規則

平成18年3月31日 規則第26号

(令和3年5月28日施行)

体系情報
第7編 生活環境/第3章 交通安全・防犯等
沿革情報
平成18年3月31日 規則第26号
平成25年5月15日 規則第41号
平成26年6月27日 規則第55号
平成28年7月27日 規則第79号
令和3年5月28日 規則第43号