○東村山市議会議員控室の使用に関する規程

平成16年3月12日

議会規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、東村山市議会における会派(東村山市議会基本条例(平成25年東村山市条例第28号)第4条に規定する会派をいう。以下同じ。)及び会派に属さない議員(以下「会派等」という。)が使用する控室(以下「控室」という。)に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(使用対象)

第2条 控室は、その使用についてあらかじめ議長に申し出のあった会派等が使用することができる。

2 控室の配分は、東村山市議会交渉団体代表者会議規約(昭和49年東村山市議会規約第2号)第4条の規定による協議を経て、議長が決定する。

(使用時間)

第3条 控室の使用時間は、議会事務局職員(以下「職員」という。)の正規の勤務時間内とする。ただし、議員活動に関し、やむを得ない事情があるときは、この限りでない。

2 前項ただし書の規定により控室を使用する会派等は、その旨を議会事務局に申し出なければならない。

(使用制限)

第4条 控室は、議員活動以外の目的で使用してはならない。

2 控室を使用する会派等は、あらかじめ備え付けてある物品を適正な管理のもとで使用する。

3 前項に定める物品以外に議員活動に必要な物品を控室に置く場合、その管理は、当該物品を置いた会派等が行うものとする。

(控室責任者)

第5条 控室に、控室責任者を置く。

2 控室責任者は、当該控室を使用する会派等で協議の上、1名を定める。

3 議長は、控室の管理に関し必要があるときは、控室責任者に対し、報告を求め、又は指示することができる。

(開錠及び施錠等)

第6条 控室の開錠及び施錠は、当該控室を使用する会派等が行うものとする。ただし、控室の鍵の保管は、議会事務局がこれを行う。

2 前項の規定にかかわらず、職員の正規の勤務時間外(職員が勤務しているときを除く。)における控室の開錠及び施錠は、警備員に依頼するものとする。

(来訪者の退室義務)

第7条 複数の会派等が共同して使用する控室において、共同使用する他の会派等が、議員以外の来訪者の退室を求めた場合、当該来訪者は、速やかに退出しなければならない。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、控室の使用に関し必要な事項は、議長が定める。

附 則

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年3月24日議会規程第2号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日議会規程第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月26日議会規程第1号)

この規程は、令和3年4月1日から施行する。

東村山市議会議員控室の使用に関する規程

平成16年3月12日 議会規程第1号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
平成16年3月12日 議会規程第1号
平成16年3月24日 議会規程第2号
平成26年3月28日 議会規程第1号
令和3年3月26日 議会規程第1号