○東村山市議会電子計算機の使用に関する規程

平成14年7月8日

議会規程第2号

(目的)

第1条 この規程は、議員活動の充実を図るため東村山市議会における会派(東村山市議会基本条例(平成25年東村山市条例第28号)第4条に規定する会派をいう。以下同じ。)及び会派に属さない議員(以下「会派等」という。)に供する電子計算機(以下「電子計算機」という。)の使用に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(使用台数)

第2条 議長及び副議長の電子計算機の使用台数は、各1台とする。

2 会派の電子計算機の使用台数(前項の規定による議長及び副議長の電子計算機の使用台数を除く。)は、別表に規定する台数を上限とする。

3 会派に属さない議員の電子計算機の使用台数は、1台とする。

(使用)

第3条 電子計算機は、庁舎内において使用しなければならない。

2 電子計算機は、議員控室で保管し、庁舎外に持ち出してはならない。

3 電子計算機は、私的な目的で使用してはならない。

4 電子計算機は、市が管理運営するグループウェアには接続しない。

(費用負担)

第4条 電子計算機の使用に必要な次の経費(議長及び副議長が使用する電子計算機の経費を含む。)は、各会派等の負担とする。

(1) 通信料(インターネットの接続に必要な費用を含む。以下同じ。)

(2) 消耗品費

(3) 備品費

2 前項第1号の経費は、1月の通信料の合計額を電子計算機を使用する会派等の数で除して得た額を各会派等の同号の経費とする。

3 前項の通信料は、議長が指定する期日までに納めるものとする。

(周辺機器等)

第5条 電子計算機には、市長が指定する周辺機器以外のものを接続してはならない。ただし、市長が認めたときは、この限りでない。

2 電子計算機には、あらかじめインストールされているソフトウェア以外のものをインストールしてはならない。

(申出)

第6条 電子計算機を使用しようとする会派等は、議長を経由して市長にその使用台数等を申し出なければならない。

(保守)

第7条 電子計算機の保守は、東村山市議会事務局において行うものとする。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、電子計算機の使用に関し必要な事項は、議長が定める。

附 則

この規程は、平成14年7月15日から施行する。

附 則(平成19年8月21日議会規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年2月28日議会規程第1号)

この規程は、平成25年3月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日議会規程第1号)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月26日議会規程第2号)

この規程は、令和3年4月1日から施行する。

別表(第2条)

会派における電子計算機の使用台数(上限)

会派の所属議員数

(議長及び副議長を除く。)

使用台数

2人

1台

3人から5人まで

2台

6人から8人まで

3台

9人以上

4台

東村山市議会電子計算機の使用に関する規程

平成14年7月8日 議会規程第2号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第1章
沿革情報
平成14年7月8日 議会規程第2号
平成19年8月21日 議会規程第1号
平成25年2月28日 議会規程第1号
平成26年3月28日 議会規程第1号
令和3年3月26日 議会規程第2号