○東村山市電話予約による証明書等の交付に関する規則

平成12年9月27日

規則第76号

(目的)

第1条 この規則は、事前の電話予約による夜間又は休日の証明書等の交付(以下「電話予約サービス」という。)を行うことにより、市民の利便性の向上を図ることを目的とする。

(取扱い証明書等)

第2条 電話予約サービスによる取扱い証明書等(以下「証明書等」という。)は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 住民票の写し

(2) 印鑑登録証明書

(対象者)

第3条 電話予約サービスを利用できる者は、請求する証明書等に記載されている本人又はその者と同一世帯に属する者とする。

(予約)

第4条 電話予約サービスを利用しようとする者(以下「予約者」という。)は、証明書等の交付を希望する日(以下「希望日」という。)に電話で予約をするものとする。

2 前項の規定にかかわらず、希望日が東村山市の休日を定める条例(平成元年東村山市条例第11号)第1条第1項に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その日前において、その日に最も近い休日でない日に電話で予約するものとする。

3 予約できる時間は、午前8時30分から午後5時までとする。

(予約者の申出事項)

第5条 予約者は、予約の際、次の事項を明らかにしなければならない。

(1) 予約者の氏名、住所及び連絡先の電話番号

(2) 証明を必要とする者の氏名、住所、生年月日及び性別

(3) 住民票の写しにあっては必要とする部数及び証明の範囲、印鑑登録証明書にあっては必要とする枚数及び印鑑登録番号

(4) 交付を希望する日時

(5) 証明書等の受領に来庁する者(以下「受領者」という。)の氏名。ただし、受領者は、予約者又は予約者と同一世帯に属する者に限る。

(交付時間等)

第6条 証明書等の交付時間は、午後5時30分から午後9時までとする。ただし、休日にあっては、午前9時から午後5時までとする。

2 証明書等の交付は、東村山市役所当直規程(昭和62年東村山市規程第5号)第4条に規定する当直員(以下「当直員」という。)が行う。

(申請書の提出等)

第7条 受領者は、証明書等の交付を受けるときは、当該証明書等に対応する交付申請書に必要事項を記入のうえ、提出しなければならない。

2 当直員は、証明書等を交付するときは、受領者が予約者又は代理受領者(予約者と同一世帯に属する者で受領者として指定されたものをいう。)本人であることを確認しなければならない。

3 印鑑登録証明書については、その印鑑登録証の提示がないときは、交付しない。

(予約の取消し)

第8条 受領者が指定した日に来庁しないとき、又は予約者から取消しの連絡を受けたときは、その予約を取り消す。

附 則

この規則は、平成12年10月1日から施行する。

附 則(平成27年12月15日規則第77号)

この規則は、公布の日から施行する。

東村山市電話予約による証明書等の交付に関する規則

平成12年9月27日 規則第76号

(平成27年12月15日施行)

体系情報
第7編 生活環境/第1章 市民生活
沿革情報
平成12年9月27日 規則第76号
平成27年12月15日 規則第77号