○東村山市立学校施設の開放に関する規則

平成5年3月29日

教育委員会規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、東村山市立学校施設使用条例(昭和42年東村山市条例第3号)第13条の規定に基づき、東村山市立学校(分校を除く。以下「学校」という。)の施設開放に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(学校施設の開放)

第2条 東村山市教育委員会(以下「委員会」という。)は、学校の施設を、学校教育、学校運営及び施設の維持管理に支障のない範囲で地域社会に開放するものとする。

2 前項の開放は、次の各号に定める形態に区分して行うものとする。

(1) 遊び場開放 児童生徒の健全育成を図るため、当該学校区域内に居住する児童若しくは保護者又は成人が付き添う幼児の遊び場として、小学校の校庭を開放する。

(2) スポーツ開放 市民のスポーツ活動等を支援するため、委員会にスポーツ開放利用団体として登録している団体(以下「スポーツ開放利用団体」という。)の行うスポーツ・レクリエーション活動等の場として、校庭及び体育館を開放する。

(3) 教室開放 市民の文化活動を支援するため、委員会に教室開放利用団体として登録している団体(以下「教室開放利用団体」という。)の行う文化活動等の場として、教室その他校長が認める施設を開放する。

(4) 土曜開放 児童、生徒及びその家族のためのスポーツ、文化、レクリエーション、ボランティア活動等を主催するため、各学校に設置する学校施設コミュニティ開放推進委員会(以下「コミュニティ開放推進委員会」という。)が組織する実行委員会等の活動等の場として、校庭、体育館等の施設で校長が指定するものを開放する。

(登録団体)

第3条 委員会は、次の各号に掲げる要件を満たす団体をスポーツ開放利用団体として登録することができる。

(1) スポーツ又はレクリエーション活動等を主目的として活動を継続していること。

(2) 市内に在住又は在勤する者が7名以上在籍していること。

(3) 学校及びコミュニティ開放推進委員会等(以下「学校等」という。)の求めに応じ、学校・地域活動に貢献できること。

(4) 代表者が成人であること。

(5) スポーツ傷害保険に加入していること。

(6) 政治・宗教・営利を目的とする団体でないこと。

2 委員会は、次の各号に掲げる要件を満たす団体を教室開放利用団体として登録することができる。

(1) 文化活動等を主目的として活動を継続していること。

(2) 市内に在住又は在勤する者が7名以上在籍していること。

(3) 学校等の求めに応じ、学校・地域活動に貢献できること。

(4) 代表者が成人であること。

(5) 政治・宗教・営利を目的とする団体でないこと。

3 前2項に定めるもののほか、スポーツ開放利用団体及び教室開放利用団体の登録に関し必要な事項は、委員会が別に定める。

(利用できる施設)

第4条 スポーツ開放利用団体及び教室開放利用団体等が使用することができる学校の施設は、原則として代表者が居住し、又は在勤する学区域内の小中学校の施設とする。

(開放日及び開放時間)

第5条 第2条第2項各号に定める開放形態による開放施設の開放日及び開放時間は、別表に定めるとおりとする。ただし、12月28日から翌年1月4日までの期間は、開放日としない。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げるときは、前項の開放日における開放を中止し、又は開放時間を変更することができる。

(1) 学校行事、社会教育行事等で使用するとき。

(2) 荒天その他の理由により開放施設の状況が悪いとき。

(3) その他開放することが適当でないと校長が認めるとき。

(申請)

第6条 スポーツ開放及び教室開放による学校の開放施設を使用しようとする者は、使用日の属する月の1月前の初日から20日までの間に、学校開放施設使用申請書(第1号様式)により校長に申請しなければならない。

2 遊び場開放及び土曜開放による開放施設の使用における申請は、省略することができる。

(決定)

第7条 校長は、前条第1項の規定に基づき、申請を受けたときは、当該学校のコミュニティ開放推進委員会と協議して使用の決定を行うものとする。

2 校長は、前項の規定に基づき、使用の決定をしたときは、学校開放施設使用決定通知書(第2号様式)により当該申請をした者に通知する。

3 遊び場開放及び土曜開放による開放施設を使用する者は、当該施設への入場をもって使用の承認を受けたものとする。

(原状の回復)

第8条 開放施設を使用する者は、その使用が終わったときは、直ちに原状に回復しなければならない。

(免責)

第9条 委員会及び校長は、開放施設の瑕疵に起因して発生した使用者の事故以外の事故について、その責を負わない。

(適用)

第10条 この規則に定めるもののほか、学校の施設開放については、条例第5条、第6条、第7条及び第12条の規定を準用する。

附 則

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月30日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行し、平成6年4月1日以降の使用に係るものから適用する。

附 則(平成13年3月12日教委規則第8号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月12日教委規則第8号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年9月3日教委規則第14号)

(施行期日)

1 この規則は、平成14年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現にこの規則による改正前の第3条第3号に規定するコミュニティ開放利用団体等として東村山市教育委員会に登録している団体又はグループは、この規則による改正後の第3条第3号に規定する教室開放利用団体等として東村山市教育委員会に登録している団体又はグループとみなす。

附 則(平成16年3月5日教委規則第3号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年1月10日教委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年1月15日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現にこの規則による改正前の第3条第2号の規定に基づきスポーツ開放利用団体又はグループとして東村山市教育委員会の登録を受けている団体又はグループは、この規則による改正後の第3条第1項の規定に基づきスポーツ開放利用団体として、現にこの規則による改正前の第3条第3号の規定に基づく教室開放利用団体として東村山市教育委員会の登録を受けている団体又はグループは、この規則による改正後の第3条第2項の規定に基づき教室開放利用団体として東村山市教育委員会に登録された団体とみなす。

3 この規則の施行の際、この規則による改正前の第1号様式及び第2号様式による用紙で現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成21年3月5日教委規則第4号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

別表(第5条)

(1) 遊び場開放

開放施設

開放日

開放時間

小学校の校庭

授業期間中の日曜日及び祝日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。以下同じ。)

4月~9月

午前9時~午後5時

10月~3月

午前9時~午後4時

春休み中の日曜を除く日

3月中は

午前9時~午後4時

4月からは

午前9時~午後5時

夏休み中の日曜を除く日

(ただし、8月1日から8月15日を除く。)

午前9時~正午

冬休み中の日曜を除く日

午前9時~午後4時

(2) スポーツ開放

開放施設

開放日

開放時間

備考

小学校校庭(化成小学校を除く。)

日曜日及び祝日

4月~9月

午前9時~午後5時

10月~3月

午前9時~午後4時

1回の使用は、2時間を限度とする。

土曜日

4月~9月

午後1時~午後5時

10月~3月

午後1時~午後4時

化成小学校校庭

火曜日~木曜日

午後5時~午後9時

土曜日

午後1時~午後9時

日曜日

午前9時~午後9時

祝日

4月~9月

午前9時~午後5時

10月~3月

午前9時~午後4時

中学校校庭

日曜日及び祝日

4月~9月

午前9時~午後5時

10月~3月

午前9時~午後4時

小学校体育館

月曜日~金曜日

午後5時~午後9時

土曜日

午後1時~午後9時

日曜日及び祝日

午前9時~午後9時

中学校体育館

月曜日~土曜日

午後7時~午後9時

日曜日及び祝日

午前9時~午後9時

(3) 教室開放

開放施設

開放日

開放時間

備考

教室等校長が認める施設

月曜日~金曜日

午後5時~午後9時

午前、午後、夜間の各4時間を1単位とする。

日曜日、土曜日及び祝日

午前9時~午後9時

(4) 土曜開放

開放施設

開放日

開放時間

校長が指定する施設

土曜日

午前9時~正午

画像

画像

東村山市立学校施設の開放に関する規則

平成5年3月29日 教育委員会規則第3号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成5年3月29日 教育委員会規則第3号
平成6年3月30日 教育委員会規則第5号
平成13年3月12日 教育委員会規則第8号
平成14年3月12日 教育委員会規則第8号
平成14年9月3日 教育委員会規則第14号
平成16年3月5日 教育委員会規則第3号
平成19年1月10日 教育委員会規則第1号
平成21年3月5日 教育委員会規則第4号