○東村山市立学校施設使用条例施行規則

昭和42年3月31日

教育委員会規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、東村山市立学校施設使用条例(昭和42年東村山市条例第3号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(使用の申請)

第2条 東村山市立学校(分校を除く。以下「学校」という。)の施設を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、使用しようとする日の属する月の1月前の初日から20日までの間に、学校施設使用申請書(第1号様式。以下「使用申請書」という。)により、東村山市教育委員会(以下「委員会」という。)に申請しなければならない。ただし、緊急に使用する必要が生じた場合には、この限りでない。

2 前項ただし書の場合における使用の申請は、事後速やかに行うものとする。

3 申請者は、学校施設を使用するに際し、特別の設備をする場合又は持込器材を使用する場合は、その旨を使用申請書に記載しなければならない。

(使用許可等)

第3条 委員会は、使用を許可したときは、学校施設使用許可書(第2号様式)を申請者に交付する。

2 使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、その使用に際しては、前項の許可書を校長に提示しなければならない。

(使用不許可の通知)

第4条 委員会は、使用を許可しないものと決定したときは、申請者に対し、速やかにその旨を通知しなければならない。

(使用許可の取消し等の通知)

第5条 委員会は、条例第7条の規定による使用条件の変更、使用の停止又は使用許可の取消しをしたときは、直ちにその使用者に通知しなければならない。

(使用料の免除)

第6条 条例第9条第2項各号及び第3項第1号の規定により使用料の免除を受けようとする者は、学校施設使用料免除申請書(第3号様式)を委員会に提出し、その承認を受けなければならない。

(免責)

第7条 委員会及び校長は、学校の貸出施設の瑕疵に起因して発生した使用者の事故以外の事故について、その責を負わない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

(施行期日)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年4月21日教委規則第4号)

この規則は、昭和52年5月1日から施行する。

附 則(昭和52年5月16日教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年3月29日教委規則第1号)

この規則は、平成5年4月1日から施行し、施行日以降の申請に係るものから適用する。

附 則(平成13年3月12日教委規則第7号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成18年6月8日教委規則第7号)

この規則は、平成18年10月1日から施行する。

附 則(平成22年11月4日教委規則第11号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の第1号様式から第3号様式までによる用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

東村山市立学校施設使用条例施行規則

昭和42年3月31日 教育委員会規則第3号

(平成22年11月4日施行)

体系情報
第12編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和42年3月31日 教育委員会規則第3号
昭和52年4月21日 教育委員会規則第4号
昭和52年5月16日 教育委員会規則第6号
平成5年3月29日 教育委員会規則第1号
平成13年3月12日 教育委員会規則第7号
平成18年6月8日 教育委員会規則第7号
平成22年11月4日 教育委員会規則第11号