○東村山市健全育成学習室(希望学級)設置規則

昭和63年7月18日

教育委員会規則第10号

(設置)

第1条 東村山市の実施する健全育成事業の一環として東村山市教育委員会(以下「委員会」という。)に健全育成学習室(希望学級)(以下「希望学級」という。)を置く。

2 希望学級は、東村山市恩多町4丁目17番地1、東村山市立大岱小学校内に設置する。

(目的)

第2条 希望学級は、通常の学校生活に適応できず、不登校傾向にある東村山市立その他の公立及び私立の小中学校(以下「学校」という。)の児童及び生徒に対して、集団生活への適応や学校生活への復帰を支援することを目的とする。

(事業)

第3条 希望学級は、前条の目的達成のため、次に掲げる事業を行う。

(1) 学校及び子ども相談員と連携を図り、児童及び生徒の適応指導及び学習の援助に関すること。

(2) 前号のほか、委員会が必要と認めた事業

(休業日)

第4条 希望学級の休業日は、次のとおりとする。ただし、委員会が特に必要と認めるときは、これを変更し、臨時に休業日を定めることができる。

(1) 土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 1月2日から同月7日及び12月27日から同月31日までの日

2 希望学級の開設時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、委員会が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(対象者)

第5条 希望学級を利用できる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 学校の児童及び生徒で、通常の学校生活に適応できず、不登校傾向にある市内在住の者(東村山市立学校通学区域に関する規則(昭和45年東村山市教育委員会規則第1号)第6条第3項に規定する承認を得た保護者が就学させる児童及び生徒を含む。)

(2) 市子ども相談室で継続的に相談を受けている児童及び生徒のうち、希望学級での指導、援助が適切であると認められる者

(3) その他、希望学級設置の趣旨に基づき、委員会が適当と認めた者

(組織)

第6条 希望学級に室長及び指導員を置く。

2 室長は、委員会の子ども・教育支援課長がその任に当たり希望学級を統括する。

3 指導員は、次に掲げる者のうちから委員会が任命する。

(1) 東京都公立学校非常勤教員

(2) 委員会が適当と認める者

4 指導員は、学校及び関係諸機関との連携をはかり希望学級の運営にあたる。

(所管)

第7条 希望学級は、委員会子ども・教育支援課の所管とする。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、昭和63年8月1日から施行する。

附 則(平成2年3月17日教委規則第4号)

この規則は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成9年2月5日教委規則第4号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年10月6日教委規則第10号)

この規則は、平成10年11月1日から施行する。

附 則(平成25年3月5日教委規則第1号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日教委規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年9月6日教委規則第9号)

この規則は、平成30年10月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日教委規則第3号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

東村山市健全育成学習室(希望学級)設置規則

昭和63年7月18日 教育委員会規則第10号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第12編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和63年7月18日 教育委員会規則第10号
平成2年3月17日 教育委員会規則第4号
平成9年2月5日 教育委員会規則第4号
平成10年10月6日 教育委員会規則第10号
平成25年3月5日 教育委員会規則第1号
平成28年3月30日 教育委員会規則第6号
平成30年9月6日 教育委員会規則第9号
令和2年3月31日 教育委員会規則第3号