○租税特別措置法に基づく優良宅地及び住宅の認定事務に関する規則の認定基準取扱要綱

昭和49年12月24日

訓令第34号

(定義)

第1条 この要綱は、租税特別措置法に基づく優良宅地及び優良住宅の認定事務に関する規則(昭和49年東村山市規則第22号。以下「規則」という。)及び租税特別措置法に基づく優良住宅の認定事務に関する規則(昭和49年東村山市規則第23号)の認定基準の取扱いについて定めるものとする。

(認定基準)

第2条 市長は、認定の申請があった場合において、規則に定める認定基準のほか、次の事項に適合しなければ認定しないものとする。

(1) 宅地割については、有効宅地1区画132平方メートル以上でなければ認定しないものとする。ただし、角地等については100平方メートル以上とすることができる。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

租税特別措置法に基づく優良宅地及び住宅の認定事務に関する規則の認定基準取扱要綱

昭和49年12月24日 訓令第34号

(昭和49年12月24日施行)

体系情報
第10編 都市建設/第3章 建築・住宅等
沿革情報
昭和49年12月24日 訓令第34号