○東村山市農業委員会都市農政報発行要綱

昭和50年1月25日

農業委員会訓令第1号

(目的)

第1条 この要綱は、東村山市農業委員会(以下「委員会」という。)の活動を農業者に周知し、併せて農業者の意見等を委員会に反映し、もつて農政の確立を図るため、委員会において都市農政報(以下「農政報」という。)を発行する。

(掲載事項)

第2条 農政報には、次の事項を掲載する。

(1) 委員総会及び協議会に関する事項

(2) 農政問題に関する事項

(3) 農事問題に関する事項

(4) 農業者の意見要望に関する事項

(5) その他必要と認める事項

(発行)

第3条 農政報は、年4回これを発行する。ただし、委員会活動の状況により、発行回数を変更することができる。

(配布)

第4条 農政報は、市内の農業者世帯、農林関係官公署等及び必要と認めるものについて、無料で配布する。

(編集委員会の設置)

第5条 農政報の編集発行について協議するため、都市農政報編集委員会(以下「編集委員会」という。)を置く。

(編集委員会の定数及び任期)

第6条 編集委員会の定数は、7名以内とする。

2 委員は、会長が農業委員の中から委嘱する。

3 委員の任期は、1年とする。ただし、委員の再任は妨げない。

4 補充による委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第7条 編集委員会に、委員長及び副委員長各1名を置く。

2 委員長には委員会会長が当たり、副委員長には会長代理が当たる。

3 委員長は、編集委員会を主宰し、委員長に事故あるときは、副委員長がその任に当たる。

(編集委員会の招集)

第8条 編集委員会は、必要な都度委員長がこれを招集する。

(その他必要な事項)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、編集委員会に図り、委員長がこれを決める。

附 則

この要綱は、昭和50年1月25日から施行する。

附 則(平成29年7月20日農委訓令第2号)

この要綱は、平成29年7月20日から施行する。

東村山市農業委員会都市農政報発行要綱

昭和50年1月25日 農業委員会訓令第1号

(平成29年7月20日施行)