○東村山市庁用車管理運用規程

昭和52年9月3日

規程第10号

(目的)

第1条 この規程は、市が所有する庁用車の適正な管理と効率的な運用を図るため、必要な事項を定めることを目的とする。

(用語定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の定義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 庁用車 市が所有する自動車及び原動機付自転車並びに自転車をいう。

(2) 共用車 総務課が管理する庁用車をいう。

(3) 事業車 各所管が自己の業務を遂行するため、専用して管理する庁用車をいう。

(4) 安全運転管理者 道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の3に規定する者をいう。

(総括者)

第3条 庁用車の総括者は、総務部長とする。

2 総務部長は、非常災害その他緊急事態が発生したときは、庁用車の使用を停止又は制限する等、臨機の措置をとることができる。

(安全運転管理者)

第4条 安全運転管理者は、法令に基づき必要とする事業所ごとに、市長がこれを選任する。

2 安全運転管理者は、それぞれの法令に基づき、その職務を遂行しなければならない。

3 総務部長は、事業車に関して必要な場合には、その事業車を専用して管理する部の長(以下「所属長」という。)に対して安全運転管理者の職務に準じた行為をなすよう指示することができる。

(庁用車管理区分)

第5条 庁用車のうち、共用車の管理は総務課長が、事業車の管理は所属長が行うものとする。

2 総務課長は、庁用車の効率的運用を図るため、必要があると認めるときは、所属長の意見を聴いて事業車を一時的に共用車として提供させることができる。

(異動報告)

第6条 総務課長及び所属長(以下「管理者」という。)は、庁用車に異動(購入、廃車、交換、所属替え、修理等を含む。)が生じたときは、総務部長に関係書類を提出しなければならない。

(台帳備付)

第7条 管理者は、共用車及び事業車の管理状況を把握するため、庁用車管理台帳(第1号様式及び第2号様式)を備え付けておかなければならない。

2 管理者は、共用車及び事業車に関する前項の庁用車管理台帳を総務部長に提出しなければならない。

(使用基準)

第8条 庁用車は、公務遂行上必要と認められた場合に限り、使用することができる。

2 前項のほか、共用車は次の各号のいずれかに該当する場合に使用することができる。

(1) 交通機関を利用することにより著しく不便を生じる場合

(2) 緊急用務又は交通機関を利用する暇がない場合

(3) 来訪者の接遇のため必要がある場合

(使用手続)

第9条 共用車(自転車を除く。以下同じ。)を使用しようとする者は、所管課長の承認を得たうえ、電子計算機による庁内の通信回線を使用して予約しなければならない。

2 前項の予約は、使用しようとする日の属する月の1月前からすることができる。ただし、総務課長が必要と認めるときは、この限りでない。

3 事業車の使用手続については、総務課長の意見を聴いて、各所属長が別に定める。

(予約の変更)

第10条 前条第1項及び第2項の規定により共用車を予約した者は、その予約の変更又は取消しをするときは、使用予定開始時刻前までに同条第1項に規定する手続に準じて、変更又は取消しの手続をしなければならない。

2 総務課長は、あらかじめ連絡がある場合を除き、使用予定開始時刻を経過しても、なお配車手続を執らないものがあるときは、これを取り消すことができる。

(配車の管理)

第11条 総務課長は、共用車の配車を適正に行うため、前条第1項の予約について、定期に確認するなど必要な措置を講じなければならない。

(借上使用)

第12条 総務課長は、共用車の配車が不可能な場合で、その必要性を認めるときは借上車をもって使用させることができる。

(運転者)

第13条 庁用車を運転する者(以下「運転者」という。)は、常に関係法規を遵守し、安全な運行に努めなければならない。

(運行前点検等)

第14条 運転者(自転車を運転する者を除く。次条において同じ。)は、運行開始前及び運行終了後に必ず運行点検表(第3号様式)に基づき点検し、並びに正常な運転をすることができないおそれ及び酒気帯びの有無についての確認を受け、その結果を所属長に報告しなければならない。

(運転日誌)

第15条 運転者は、運転日誌(第4号様式)に必要事項を記入し、管理者に提出しなければならない。

(事故報告)

第16条 運転者は、事故が発生したときは、直ちに所管課長に報告し、その指示を受けなければならない。

2 前項による報告を受けた所管課長は、直ちに管理者に報告し、必要な措置を講じなければならない。

(市長報告)

第17条 事故を起こした運転者及びその所管課長は、連署をもって交通事故報告書(第5号様式)を作成し、所属長の意見を得た後、総務課長の合議を経て市長に提出しなければならない。

(その他)

第18条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規程は、昭和52年10月1日から施行する。

2 東村山市庁用自動車の管理等に関する規程(昭和34年東村山市規程第1号)及び二輪自動車の管理について(昭和33年東村山市訓令甲第3号)は、廃止する。

附 則(昭和61年2月20日規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和61年9月30日規程第15号)

この規程は、昭和61年10月1日から施行する。

附 則(昭和62年1月30日規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成2年7月23日規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年3月30日規程第4号)

この規程は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成12年1月13日規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年2月23日規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規程による改正後の東村山市庁用車管理運用規程の規定は、平成13年4月1日以後の庁用車の使用手続から適用し、同日前の庁用車の使用手続については、なお従前の例による。

3 この規程の施行の際、この規程による改正前の第4号様式から第6号様式までによる用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成15年3月28日規程第5号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成25年10月10日規程第6号)

この規程は、公布の日から施行し、平成25年10月1日から適用する。

附 則(平成29年3月3日規程第2号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月18日規程第15号)

(施行期日)

1 この規程は、平成30年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程による改正後の第9条第2項の規定は、平成30年4月1日以後に使用する共用車の使用予約から適用し、同日前の共用車の使用予約については、なお従前の例による。

附 則(平成30年6月6日規程第11号)

この規程は、平成30年7月1日から施行する。

附 則(令和4年4月11日規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像画像

東村山市庁用車管理運用規程

昭和52年9月3日 規程第10号

(令和4年4月11日施行)

体系情報
第3編 行政組織/第5章 庁中管理
沿革情報
昭和52年9月3日 規程第10号
昭和61年2月20日 規程第3号
昭和61年9月30日 規程第15号
昭和62年1月30日 規程第2号
平成2年7月23日 規程第6号
平成3年3月30日 規程第4号
平成12年1月13日 規程第2号
平成13年2月23日 規程第1号
平成15年3月28日 規程第5号
平成25年10月10日 規程第6号
平成29年3月3日 規程第2号
平成29年12月18日 規程第15号
平成30年6月6日 規程第11号
令和4年4月11日 規程第6号