このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

市長の活動日誌(平成28年3月)

更新日:2016年3月28日

3月の活動の一部をご紹介します

平成28年3月26日(土曜)

第100回市民と市長の対話集会(タウンミーティング)

 本日、平成19年10月より毎月開催している、「市民と市長の対話集会(タウンミーティング)」が100回を迎えました。
 タウンミーティングとは、平成19年の市長選挙においてマニフェストとして掲げた「市民との対話集会を定期的に開催します」という公約を実行に移したものです。毎月開催する地域を変え、13町を巡回しております。先月の第99回までに延べ3,069名のかたにご参加いただきました。

 通常のタウンミーティングでは、市民の皆さんのご質問に私が直接お答えする形式ですが、今回は100回という節目を迎えたこともあり、前半は今まで開催してきたタウンミーティングを振り返り、市政にどのように活かされているのか報告する時間にさせていただきました。タウンミーティングで皆様からいただいたご意見を、いろいろな角度から数値化し、ご提示いたしました。今までいただいたご意見がどの程度市政に反映されているのか振り返ったところ、既に実行に移し対応が完了したものが56.5%、現在対応中のものが20.5%と、対応済・対応中を合わせると8割近くにのぼりました。
 また、13町ごとのご意見の傾向・特色、さらにご意見の分野別の対応率等も報告いたしました。
 後半は通常のタウンミーティングを開催したのですが、前半の報告に対して市民のかたからは、「こんなに市が対応してくれていることに驚いた」というようなご意見もいただきました。

 今回改めて今までのタウンミーティングでいただいたご意見を振り返り、分野によっては対応済・対応中の割合がまだ高くないものもありますが、今回はそういった点も含めて包み隠さずご報告させていただきました。
 いただいたご意見全てを実現できるわけではありませんが、東村山市のより良い方向性を市民の皆様とともに模索してまいりたいと思っております。市長でいる限りタウンミーティングを続けてまいりますので、気が向いたときにお気軽にご参加いただければ幸いです。

これまでのタウンミーティングが市政にどう活かされているのか、報告させていただきました
これまでのタウンミーティングが市政にどう活かされているのか、報告させていただきました

平成28年3月24日(木曜)

市内読売新聞販売所(6店) 様 、青梅信用金庫様よりご寄附をいただきました

 今朝、市内読売新聞販売所(6店)様より新小学1年生へ防犯ホイッスルをご寄贈いただきました。市内の子どもたちの安全に配慮していただき、ありがとうございます。
 引き続き、青梅信用金庫様より「小・中学生を対象とした体育スポーツ振興」のために寄附金とテントを頂戴しました。毎年、市内の小・中学校に順番に新しいテントをご寄贈いただき、ありがとうございます。
 市内読売新聞販売所(6店)様、青梅信用金庫様ともに毎年この時期にご寄附をいただいており、市政へのご理解・ご協力に改めて感謝申し上げます。ご寄附の趣旨に沿って大切に使わせていただきます。

市内読売新聞販売所(6店)様ありがとうございました
市内読売新聞販売所(6店)様ありがとうございました

青梅信用金庫様ありがとうございました
青梅信用金庫様ありがとうございました

ふるさと歴史館に有機EL照明付き展示ケースをご寄贈いただきました

 本日は、引き続き、市内在住の技術コンサルタントである當摩照夫様より、次世代の照明といわれる有機EL照明付き展示ケース2台をふるさと歴史館にご寄贈いただきました。最新の技術による展示ケースが導入されたことにより、東村山市の文化財の活用や文化振興を推進してまいりたいと思います。
 ふるさと歴史館ではこの展示ケースを活用し、下宅部遺跡から出土した東京都指定文化財である縄文時代の漆塗り土器や杓子柄を展示する「下宅部遺跡出土品展示会 有機EL照明で見る縄文の漆」、併せて市内在住の写真家 野中昭夫様が撮影された「下宅部遺跡出土漆工関連出土品写真展」を5月29日まで開催します。
 3500年前の漆塗り製品を最先端の照明でみるという、縄文人と現代人の歴史的コラボレーションを是非ご覧ください。

展示品を明るく照らし、展示が見やすくなっております
展示品を明るく照らし、展示が見やすくなっております

素晴らしい展示ケースをいただき、ありがとうございました
素晴らしい展示ケースをいただき、ありがとうございました

平成28年3月16日(水曜)

「東村山中央ボーイズ」の選手の皆さんがご来庁くださいました

 本日、昨年12月に開催された第46回春季全国大会東京都西支部予選大会(中学生の部)で見事優勝し、通算4回目となる全国大会出場の切符を手に入れた、「東村山中央ボーイズ」の皆さんと滝澤代表、岩瀬コーチがご来庁くださいました。
 東村山中央ボーイズは、今年創部10年目を迎え、今までにも甲子園出場経験のある選手を輩出してきた名門チームです。本日は17名の選手の皆さんがそれぞれ全国大会への抱負を語ってくださいました。
 3月26日から始まる第46回日本少年野球春季大会では、初回の対戦相手は兵庫県代表チームだそうです。東村山中央ボーイズは、過去3回の全国大会ではいずれも初戦敗退を喫していると伺いました。今回こそは過去の先輩方の成績を越えるべく、念願の1回戦を突破し、さらにその上を目指していただきたいと思います。

抱負を語る選手
抱負を語る選手

闘志あふれるガッツポーズ
闘志あふれるガッツポーズ

平成28年3月14日(月曜)

ハローワーク「東村山就職情報室」をオープンしました

 本日、「東村山就職情報室」を市民センター1階にオープンするにあたり、午前8時より「開所式」を行ないました。長らく設置を希望しておりましたので、この日を迎えることができ、大変嬉しく思います。
 「東村山就職情報室」は、ハローワーク立川と連携した常設の相談室として開設したものです。今までは、就職相談の際には立川まで足を運んでいただいておりましたが、市民センターにてハローワークスタッフによるお仕事の相談や紹介、また求人検索ができるようになりますので、より身近でご利用がしやすくなります。
 お仕事をお探しの皆様にご活用いただき、一人でも多くのかたがお仕事に就けるよう努めてまいります。

「東村山就職情報室」
 ・毎週月曜日~金曜日(年末年始・祝日除く)
 ・午前9時~午後5時(正午~午後1時は求人検索のみ)
 ・市民センター1階(本町1‐1‐1)

開所式にてテープカットを行ないました
開所式にてテープカットを行ないました

平成28年3月9日(水曜)

西武鉄道株式会社よりふるさと歴史館へ感謝状をいただきました

 本日、ふるさと歴史館にて西武鉄道株式会社 若林社長より感謝状をいただきました。
 今回の感謝状は、平成27年9月26日(土曜)から12月20日(日曜)にふるさと歴史館において、西武鉄道100周年記念事業の一環として開催した「川越鉄道全通120周年記念企画展『鉄道たちの交差点-東村山近代化の夜明け-』」の取り組みに対して贈られたものです。この企画展を開催するにあたり、西武鉄道株式会社より昭和40年代の東村山市内の駅の写真をはじめ、さまざまな貴重な資料を数多く貸していただき、市民のかたに懐かしくご覧いただくことができました。
 来館者数は4,252名、展示図録「川越鉄道全通120周年記念企画展『鉄道たちの交差点-東村山近代化の夜明け-』」1,000部は完売し、鉄道専門誌への掲載や一般紙である東京新聞にも大きく掲載されるなど、大きな反響をよんだ企画展となりました。
 来館者の方々からは、当初「東村山駅」は設置予定がなく、地元の人々の努力で設置されたこと、ハンセン病の専用ホームがあったこと等、今回の展示を通して東村山の歴史への理解が深まったとの声をいただくことができました。

ふるさと歴史館職員が感謝状を持ってきてくれました
ふるさと歴史館職員が感謝状を持ってきてくれました

平成28年3月1日(火曜)

世界らん展フラワーデザイン部門最優秀賞受賞報告

 本日、世界らん展日本大賞2016のフラワーデザイン部門において最優秀賞を受賞された、秋津町在住の高野容子様(注記)が受賞作品を持ってご来庁いただきました。世界らん展は、さまざまな国や地域から約3000種・10万株を集めた、世界最大級のらんの祭典とのことで、高野様(注記)は5年前の2011年にも大賞を受賞されており、今回2度目の受賞とのことであります。
 受賞作品は「永遠に重ねて」というタイトルで、花嫁さんが持つブーケをイメージされたとのことであり、開催会場である東京ドームの照明に映えるよう、金色を使って華やかにデザインされたとのことです。また、本物の松があしらわれており、展示の前日に仕込まれたそうです。
 受賞作品をはじめ3点の作品をお借りし、本日より一週間、本庁舎1階ロビーにて展示させていただくことといたしました。ご来庁いただいた市民の皆様に是非ご覧いただければと思います。

(注記)高野様の「高」は正しくは「はしごだか」となります

作品とともに賞状と受賞の盾をお持ちいただきました
作品とともに賞状と受賞の盾をお持ちいただきました

3月8日(火曜)まで本庁舎1階のロビーに展示しております
3月8日(火曜)まで本庁舎1階のロビーに展示しております

このページに関するお問い合わせ

経営政策部秘書広報課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 (東村山市役所本庁舎3階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 秘書係:2013~2015 広報広聴係:2016~2018)  ファックス:042-393-9669
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部秘書広報課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る