このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

市長の活動日誌(平成27年11月)

更新日:2015年11月25日

11月の活動の一部をご紹介します

平成27年11月22日(日曜)

「映画『あん』のロケ地をHACKせよ!INGRESS(イングレス)ミッションin東村山」を開催しました

 本日、「映画『あん』のロケ地をHACKせよ!INGRESS(イングレス)ミッションin東村山」を開催しました。
 スマートフォンゲーム「イングレス」とは、GPS(全地球測位システム)を利用した街歩きのゲームで、実際に現実の場所を訪れることで陣地を広げていく、いわゆる陣取りゲームです。
 今回のイベントは、市民団体である「INGRESS IN 東村山実行員会」との共催で、映画「あん」のロケ地となった、西武新宿線 久米川駅周辺から国立療養所多磨全生園などを巡るコースを設定し、東村山の良さや雰囲気を知るとともに、ハンセン病の歴史への理解を含め、「人権の森」構想にも関心を持っていただくことを目的に開催いたしました。
 地方自治体が「イングレス」を使って事業を行うケースは、先進的な取り組みであり、当市でもはじめての試みでありましたが、初心者向けのガイダンスを行なったことも良かったのか、大変多くのかたにご参加いただくことができました。
 「イングレス」は世界中に愛好者がいるところから、今後多くのかたが、東村山市に興味を持ち、訪れていただくことを期待しております。「INGRESS IN 東村山実行員会」のかたをはじめ、協賛をいただいた企業や店舗の皆さまに感謝申し上げます。

どら焼きのかぶりものをして宣伝しました
どら焼きのかぶりものをして宣伝しました

私も八坂神社をHACKしました
私も八坂神社をHACKしました

平成27年11月19日(木曜)

喫煙マナーアップキャンペーン

 東村山市では、年に2回「路上喫煙マナーアップキャンペーン」を実施しております。本日は、朝7時30分からJR東日本武蔵野線新秋津駅・西武池袋線秋津駅周辺、西武新宿線東村山駅、午後4時から西武新宿線久米川駅周辺にて啓発チラシ入りポケットティッシュの配布を行ないました。私も朝7時30分から東村山駅で当市の職員とともに活動いたしました。
 市内では、秋津駅から新秋津駅間を「路上喫煙等禁止地区」に東村山駅と久米川駅周辺を「路上喫煙等防止推進地区」にそれぞれ指定しております。これからも市では愛煙家のかたも嫌煙家のかたも、お互い暮らしやすいまちにするために、啓発活動に取り組んでまいりたいと思います。ご理解とご協力をお願いいたします。

みんなが住みやすいまちにしていきましょう
みんなが住みやすいまちにしていきましょう

平成27年11月11日(水曜)

東村山消防署消防司令補 坂口 恭一さんが「第68回都民の消防官」表彰を受章されました

 本日、東村山消防署 消防司令補 坂口 恭一さんが「第68回都民の消防官」表彰受章のご報告のため、東村山消防署長とともにご来庁くださいました。
 「都民の消防官」表彰とは、長年にわたり消防業務に精励した功労顕著な消防官を対象とした、新聞社主催の表彰で、昭和30年からこれまで、311人の消防官が表彰されてきました。東村山消防署では坂口さんが初受章だそうです。
 坂口さんは気管挿管・薬剤投与など、救急救命士の中でも非常に高度な救急技術を持ち、これまで2万件以上の救急出場を経験してきた救急分野のスペシャリストとのことです。
 現在でも救急関連の知識・技術の習得に積極的で、文献・学説などの確認を欠かさず行なっているということで、そのプロ意識の高さに感銘を受けました。
 坂口さんの長年にわたる第一線でのご活躍、そしてそれを支えてこられたご家族に対しまして、心より敬意を表します。このたびの受章、誠におめでとうございます。今後とも、地域の安全安心にご尽力いただきますようお願い申し上げます。

受章の盾をお持ちいただきました
受章の盾をお持ちいただきました

平成27年11月10日(火曜)

最後の東村山市児童育成計画推進部会を開催しました

 本日、今回が最後となります東村山市児童育成計画推進部会を開催しました。
 本部会は、有識者、教育関係者、医師、官公署、地域の市民団体、子育て中の保護者の方々等から構成され、平成17年に発足しました。委員の皆さんには「東村山市次世代育成支援行動計画(前期平成17年度~21年度・後期22年度~26年度)」の策定、年度ごとの子育て事業の進捗確認及び検証等、東村山市の子育て施策に多大なるご尽力を賜り、毎回、活発にご意見・ご提案を頂戴し、感謝申し上げます。これからも「子育てするなら東村山」を多くのかたに実感していただけるよう邁進してまいります。
 委員の皆さまにおかれましては、これからも子育て施策並びに市政へのご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、ますますのご活躍をご祈念申し上げます。

10年間ありがとうございました
10年間ありがとうございました

平成27年11月6日(金曜)

第10回マニフェスト大賞において首長部門の「優秀マニフェスト賞」を受賞しました

 本日、マニフェスト大賞実行委員会主催の「第10回マニフェスト大賞」が開催され、首長部門で、私が「優秀マニフェスト賞」を受賞いたしました。東京都内の首長では私が初だそうです。
 マニフェスト大賞とは、ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟、同首長連盟等で組織するマニフェスト大賞実行委員会が、10年前に地方議員の政策コンテストとして創設したもので、地域や社会が抱えている課題の解決に向け、マニフェストを通じ、全国で政策立案や地道な努力を続ける地方議会・議員、首長や市民の活動やノウハウを共有化し、政策のさらなるレベルアップ、ひいては住民利益の向上につなげていくという趣旨で表彰されるものです。

 10回目となります今年は、全部門あわせて2,467件の応募があり、首長部門では、私を含め5市の市長が「優秀マニフェスト賞」に選出されました。残念ながら、大賞の受賞には至りませんでしたが、総合計画の実施計画への毎年度ローリング方式の採用、東村山市版株主総会や市民による事業評価など、市長就任後8年にわたり取り組んできた、市民本位・政策本位・成果重視の「マニフェスト型民主政治」が評価され、大変嬉しく思っております。このことは私一人の力では決して成しえず、私のまちづくりへの思いを共有してくださる大勢の方々に支えられてこそだと認識しており、あらためて、これまでお支えをいただきました市民の皆さま、議員各位、そして職員の皆さんに深く感謝申し上げます。

 今回はじめて授賞式に参加して、全国から集まってこられた首長、議員、職員、市民の皆さんの「わがまちを良くすることで、日本を良くする、世界を良くする」という高い理想と情熱に触れ、私自身まだまだがんばらなければならないとの思いを強くいたしました。
 なお、佐藤まさたか議員におかれましても、選挙運動を通じ、市民に市政への関心を深めていく活動などが評価され、同賞の「優秀コミュニケーション・ネット選挙戦略賞」を受賞されました。このことにつきましても、心よりお祝い申し上げます。

授賞式の様子
授賞式の様子

平成27年11月3日(火曜)、4日(水曜)

熊木 令次 元市長のご葬儀を執り行ないました

 当市の第2代市長で名誉市民である熊木 令次 元市長が、去る10月24日にご逝去されました。享年93歳でした。このたびのご逝去に際し、生前の東村山市発展のご功績に報いるため、11月3日(火曜)の通夜、4日(水曜)の告別式を熊木家と東村山市との合同葬として執り行ない、私が葬儀委員長を務めさせていただきました。大変多くのかたが参列され、あらためて失った存在の大きさを実感いたしました。
 
 熊木氏は、昭和22年に東村山町役場に奉職され、職員として、また理事者として、町から市へと移りゆく東村山の発展の基礎づくりに寄与されました。昭和42年5月1日に第2代東村山市長に就任され、4期16年の長きにわたり、人口急増期の東村山市の発展に貢献されました。その任期中には小・中学校8校の新設、現市役所本庁舎、中央図書館、中央公民館、スポーツセンターなどの基幹的な公共施設の建設、東村山駅東口広場、久米川駅南口広場の建設、下水道事業の推進などの都市基盤整備、東村山市のシンボルである八国山や北山公園の保全と都立東村山中央公園の建設など、みどり豊かなまちづくりの推進、全国に先駆けて開始した東村山方式と呼ばれる「ねたきり老人訪問看護システム」などの福祉の充実と健康の増進、スポーツ都市宣言、教育文化の向上など、都市としての骨格を築かれるとともに、東村山市の市民生活の向上に尽力されました。

 熊木市政時代、私はちょうど子供時代、青春時代を過ごし、大きく変わりゆく東村山を目の当たりにしてきました。そうしたことから、子どもながら市政に関心を持つようになり、振り返ってみますと、その後こうした道を歩むことにつながっていったものと存じます。これからも熊木元市長の意思を引き継ぎ、東村山市の発展と市民福祉の向上のために全力で邁進してまいります。
 あらためまして、これまでのご功労に敬意と感謝を申し上げ、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

東村山発展にご尽力いただき、ありがとうございました
東村山発展にご尽力いただき、ありがとうございました

心から熊木元市長のご冥福をお祈り申し上げます
心から熊木元市長のご冥福をお祈り申し上げます

このページに関するお問い合わせ

経営政策部秘書広報課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 (東村山市役所本庁舎3階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 秘書係:3009 広報広聴係:3008)  ファックス:042-393-9669
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部秘書広報課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る