このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

市長の活動日誌(平成26年10月)

更新日:2016年4月1日

10月の活動の一部をご紹介します

平成26年10月31日(金曜)

国立ハンセン病療養所多磨全生園 DVD「ひいらぎとくぬぎ」上映会

 本日、国立ハンセン病療養所多磨全生園にて、同園の歴史や園内の自然や景観などを伝えるDVD「ひいらぎとくぬぎ」の上映会が行われました。
 このDVDは、東村山市と多磨全生園入所者自治会とで共同で制作させていただきました。題名の「ひいらぎ」は、かつて入所者が外に出られないように生け垣に使われたトゲのある木で、隔離政策の象徴、「くぬぎ」は、入所者の方々がお気に入りの木として植えたものです。DVDには、入所者からうかがった体験談や文献などに基づいて、ハンセン病の患者の方々が国によって強制的に隔離されてきた過去の歴史を、大正時代に入所した少年らの視点で描いたドキュメンタリー調のドラマにし、収録しました。また、この他、園内で行われる納涼祭などのイベント、ボランティアによる清掃活動などの映像も入れさせていただきました。入所者の平均年齢が上がってきている中、ハンセン病の悲しい歴史を後世に残していく上で、素晴らしい映像資料ができたと思います。
 DVDは、都内の公立小中学校に配布するとともに、市内の図書館にも置きますので、多くの方にご覧いただき、人権について考えていただければ幸いです。

DVD「ひいらぎとくぬぎ」
DVD「ひいらぎとくぬぎ」

平成26年10月26日(日曜)

東村山市市制施行50周年記念式典・パレード

 本日、気持ちのよい快晴の秋空の下、市制施行50周年記念式典及びパレードが行われました。
 朝一番、警視庁鼓笛隊の合図のもと、東村山市のシンボルロードとも言えるさくら通りを横断幕を先頭に、市内幼稚園児、大太鼓、神輿、山車が続き、総勢2,000人を超える隊列でパレードが始まりました。多くの市民の皆様が声援を送ってくださり、華々しいスタートとなりました。パレード後も、さくら通りでは子どもたちの演舞、居囃子などが繰り広げられ、特産市では好評完売が続出するなど大いに賑わいを見せました。

パレードの様子
パレードの様子

 東村山市市制施行50周年記念式典 第一部では、これまでの東村山市を築いてこられた方々にあらためて心より感謝の気持ちを伝えさせていただくとともに、次代を担う中学生による合唱を通してこれからの50年に向けての気持ちをあらたにさせていただきました。
 第二部では、女優の竹下景子さん、映画監督の河瀬直美さん(注記)とトークショーを行わせていただき、東村山への想い、若者たちへの貴重なメッセージをいただくことができました。

(注記)映画監督 河瀬 直美さんのお名前の「瀬」の字の部首は、正しくは「頁(おおがい)」ではなく、上部に「刀」、下部に「貝」となります。

東村山市を支えてくださっている皆様に、あらためて感謝させていただきました
東村山市を支えてくださっている皆様に、あらためて感謝させていただきました

トークショーの様子 女優 竹下景子さん(中央) 映画監督 河瀬 直美さん(右)
トークショーの様子 女優 竹下景子さん(中央) 映画監督 河瀬 直美さん(右)

 最後を飾ったグランドフィナーレでは東村山市の活力をあらためて感じるスケールで、居合わせた全員の心がひとつになった瞬間でした。

 これまでにない規模でのイベント開催でしたが、今日までご協力いただきました関係各位、ご出演いただいた皆様、ご来場いただいた市民の皆様のおかげで無事に一日を終えることができました。この場をお借りいたしまして厚く御礼申し上げます。
 これを機に、ますます東村山を愛していただき、これからの50年に向けて育てていただければ幸いです。

素晴らしい活気のあるフィナーレを迎えました
素晴らしい活気のあるフィナーレを迎えました

平成26年10月23日(木曜)

東村山市・国分寺市市制施行50周年記念東京都十一市競輪事業組合冠レース

 本日、「東村山市・国分寺市市制施行50周年記念東京都十一市競輪事業組合冠レース」が京王閣競輪場で開催されました。
 あいにくの雨混じりの天候でしたが、ナイター開催であったため、ライトが濡れたバンクを照らし、光り輝く舞台となって熱のこもったレースを演出していました。ガールズ競輪では、カラフルに彩られた自転車に女性らしさを感じつつも、やはり間近で見るとその迫力に圧倒されました。
 写真は、表彰式において優勝者に副賞の東村山特産の果物をお渡ししているところです。レース後の表情はとても柔和ですが、レース中は神経を集中し、鍛え抜かれた肉体からとてつもないパワーが感じられました。
 バンクのコーナーは普通に立っていられないほどの斜度です。想像以上のスピードが必要であると同時に、体と体のぶつかり合いを制したものが栄冠を手にできるのが競輪です。ぜひ現場での臨場感を味わいに、足を運んでみてください。

優勝者へ東村山のブドウを差し上げました
優勝者へ東村山のブドウを差し上げました

このスピード感を皆様にもご覧いただければと思います
このスピード感を皆様にもご覧いただければと思います

平成26年10月17日(金曜)

2014全日本型競技空手道選手権大会優勝報告

 8月23日に京都府で行われた国際空手道連盟極真会館の「2014全日本型競技空手道選手権大会」11歳の部で見事優勝されました野火止小学校6年生の小木戸 瑛斗君が大会での活動報告のため、ご来庁くださいました。
 大人でも演じるのが難しい、大会決勝で演じた型を披露してくださり、その迫力に感心いたしました。夏休みの間、毎日5時間の練習を続けたそうで、小学校最後の全国大会においてその成果が出て大変嬉しく思います。
 小木戸君は小学1年生から空手を始め、指導している道場の鎌田先生のお話では小木戸君は低学年の後輩の面倒もよくみる優しいお子さんだそうです。
 これからも日本一、世界一の選手になれるよう頑張っていただきたいと思います。

迫力のある演技をご披露してくださいました
迫力のある演技をご披露してくださいました

世界一の選手を目指して頑張ってください
世界一の選手を目指して頑張ってください

平成26年10月12日(日曜)

市制施行50周年・スポーツ都市宣言40周年・体育協会創立50周年記念 第50回市民大運動会

無事、聖火を受け取ることができました
無事、聖火を受け取ることができました

 本日、市制施行50周年・スポーツ都市宣言40周年・体育協会創立50周年記念 第50回市民大運動会が運動公園にて開催されました。大型台風の接近により、開催が危ぶまれておりましたが、台風の速度が遅く、無事開催することができました。
 開会式では、スポーツ優秀選手による聖火リレー、吹奏楽の生演奏、聖火点灯の際に500羽の放鳩を行うなど、50周年記念にふさわしい華やかなセレモニーが行われました。
 競技では、ひがっしーやゆりーと等のゆるキャラも、かけっこに参加して頑張っていました。また、今回は「里に八国」ブランドの屋台も出店され、東村山の味覚も同時に楽しむことができ、幅広い年齢の市民の皆様の笑顔に私も嬉しくなりました。
 気になる優勝の行方ですが、玉入れとリレーで1位となった廻田町が逆転優勝しました。準優勝は秋津町、ここ数年優勝を争ってきた諏訪町・萩山町はそれぞれ3位と4位という結果になりました。 各町とも一致団結し、白熱した運動会になったかと思います。
 記念すべき第50回大会は大きな事故もなく楽しい運動会となりました。皆様ありがとうございました。

綱引きに参加した際の様子
綱引きに参加した際の様子

掛け声に合わせて力いっぱい引かせていただきました
掛け声に合わせて力いっぱい引かせていただきました

平成26年10月6日(月曜)

市制施行50周年記念事業協働講座「いっしょにやる!ということ」

 本日、市民の皆様と市の職員が一緒に研修を受けさせていただく初めての試みである、市制施行50周年記念事業協働講座「いっしょにやる!ということ」が開催されました。
 東村山で「協働」ということが言われるようになって5年程が経過しています。それ以前も市民の皆様と市の職員が一緒になって物事を達成するということは様々な場面で行ってきましたが、これから市民の皆様と協働を展開していくにはどの職員も協働について一定の認識を持ちながら協働を行うに当たっての基本的なスキルを身につけて市民の皆様と向き合い、時には寄り添いながら一緒に公共的な課題の解決に当たっていくという取組みに切り替わってきたところです。
 本日は、市民協働について第一線の研究者である、九州大学大学院統合新領域学府客員准教授の加留部先生にお越しいただき、色々な事例やワークショップを通じてどうすれば市民の皆様と行政が同じ方向を向いて歩んでいけるのかということについて様々な示唆をいただくことができました。市民の皆様と職員が一緒に研修を受けることで、お互いに協力しながら知恵をだしたり、汗をかき課題を解決しながらまちづくりを行っていくことの大切さを、より実感できたように思います。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

市民の方と職員、総勢約90名の方にご参加いただきました
市民の方と職員、総勢約90名の方にご参加いただきました

平成26年10月1日(水曜)

東村山市市制施行50周年記念切手発行贈呈式

 東村山市の市制施行50周年を記念したオリジナルフレーム切手が作られ、本日、日本郵便株式会社より贈呈していただきました。
 市内にある国宝「正福寺地蔵堂」などの写真切手と、東村山市公式キャラクター「ひがっしー」の四季折々の姿をデザインした切手の2種類です。切手は10月10日から発売されます。
 この切手で、東村山が緑いっぱいの暮らしやすいまちであることをアピールするとともに、人とひとをつなぐ切手によって、東村山から良いニュースが運ばれることを期待しております。

素敵な切手が完成し、ひがっしーも喜んでおります!
素敵な切手が完成し、ひがっしーも喜んでおります!

平成26年10月1日(水曜)

原動機付自転車オリジナルナンバープレート交付セレモニー

朝早くからお並びいただき、ありがとうございました
朝早くからお並びいただき、ありがとうございました

 本日より、ひがっしーをあしらった原動機付自転車オリジナルナンバープレートの交付を開始しました。
 朝、私が市役所に到着すると、ひがっしーのナンバープレートの交付を待つ方の行列が正面玄関からのびておりました。朝8時30分に、1番先頭に並ばれていた方には、私からナンバープレートをお渡しさせていただきましたが、この方は、朝5時台から並ばれていたそうです。ひがっしーのナンバープレートを心待ちにしている方が多くいらっしゃり、ひがっしーも人気者になってきたものだと嬉しく思いました。
 本日、限定500枚のうち199枚を交付させていただきました。安全運転を心掛け、ひがっしーと共に楽しく走って東村山をPRしていただければと思います。

このページに関するお問い合わせ

経営政策部秘書広報課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 (東村山市役所本庁舎3階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 秘書係:3009 広報広聴係:3008)  ファックス:042-393-9669
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部秘書広報課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る