このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

土地の税金の算出例

更新日:2022年4月1日

 土地の税金は次のように算出されます。土地の税金の仕組みはこちらをご覧ください。

土地の税金の仕組み

 ここでは、固定資産税についての計算になりますが、都市計画税も同様の計算方法になります。

住宅用地の算出例

以下の土地の固定資産税額の求め方

  • 住宅用地100平方メートル
    今年度評価額 15,000,000円
    前年度課税標準額 1,800,000円
  1. 住宅用地は、1戸につき200平方メートルまで小規模住宅用地になるため、100平方メートル全てが小規模住宅用地の課税標準額の特例(6分の1)を受けられます。
  2. 負担水準を求めます。(前年度課税標準額と今年度評価額との比較を行います。)
    負担水準 = 前年度課税標準額÷(今年度評価額×住宅用地等特例率)
           = 1,800,000円÷(15,000,000円×1 / 6) = 0.72 = 72%
  3. 負担水準が100%未満のため、前年度課税標準額に今年度評価額×住宅用地等特例率×5%分を加えた額が今年度課税標準額になります。
    今年度課税標準額  = 前年度課税標準額+(今年度評価額×住宅用地等特例率×5%)
                  = 1,800,000円+(15,000,000円×1 / 6×5%)
                  = 1,800,000円+125,000円
                  = 1,925,000円
  4. 今年度課税標準額に税率を掛けた額が今年度の税額になります。
    固定資産税額 = 今年度課税標準額×税率
               = 1,925,000円×1.4%
               = 26,950円

商業地等(非住宅用地)の算出例

以下の土地の固定資産税額の求め方

  • 非住宅用地100平方メートル
    今年度評価額 15,000,000円
    前年度課税標準額 7,500,000円
  1. 負担水準を求めます。(前年度課税標準額と今年度評価額との比較を行います。)
    負担水準 = 前年度課税標準額÷今年度評価額
            = 7,500,000円÷15,000,000円 = 0.50 = 50%
  2. 負担水準が60%未満のため、前年度課税標準額に今年度評価額×5%分を加えた額が今年度課税標準額になります。
    今年度課税標準額 = 前年度課税標準額+今年度評価額×5%
                  = 7,500,000円+15,000,000円×5%
                  = 7,500,000円+750,000円
                  = 8,250,000円
  3. 今年度課税標準額に税率を掛けた額が今年度の税額になります。
    固定資産税額 = 今年度課税標準額×税率
              = 8,250,000円×1.4%
              = 115,500円                                                                        

(注記)令和4年度に限り、商業地等(負担水準が60%未満の土地に限る)の令和4年度の課税標準額を、令和3年度の課税標準額に令和4年度の評価額の2.5%(現行5%)を加算した額 (ただし、当該額が、評価額の60%を上回る場合には60%相当額とし、評価額の20%を下回る場合には20%相当額とする)となります。

このページに関するお問い合わせ

市民部課税課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3  本庁舎2階
電話:市役所代表:042-393-5111(庶務係:3301・3302 市民税係:3304 土地係:3305 家屋償却資産係:3303)  ファックス:042-397-0175(課税課・収納課)
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
市民部課税課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る