このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

公共用地境界確認申請

更新日:2022年6月13日

公共用地境界確認とは?

 公共用地境界確認とは、東村山市が所有・管理している道路・水路と接する土地(民有地)との境界を明らかにすることです。
 まだ未確定の箇所につきましては、道路・水路と接する土地所有者からの申請に基づき、東村山市と関係土地所有者が立会い協議をします。この立会い協議が成立すると境界が確定されて、境界標を設置し公共用地区域線測量図が東村山市で保管されます。
 すでに確定している箇所につきましては、東村山市に公共用地区域線測量図が保管されていますので、ご確認下さい。
 なお、申請にあたっては、申請書の裏面に記載している留意事項や資料の作成要領を必ずお読みいただき、御理解いただいた上で、必要資料とともに申請書を御提出ください。

(注記)申請書等の様式が令和4年4月から一部変更になっておりますので、新様式で申請ください。(以前の様式では申請できませんので御注意ください。)

申請についての留意事項

  1. 申請地に接する土地が東村山市の管理する道路及び水路であることを確認して下さい。本申請による境界確認の範囲は、東村山市が管理する道路及び水路です。(道路・水路以外の土地の境界は、その土地の所有者・管理者へ確認ください。また、市の管理道路・水路であっても都有地や国有地の場合は、市で境界確認できない場合がありますので、必ず所有者へ確認ください。)
  2. 土地所有者が法人の場合は法人代表者が申請し「資格証明書」を別途提出ください。故人(相続人)の場合は「相続証明書」を別途提出ください。
  3. 原則として、公共基準点を使用し、道路及び水路の両側の境界線を確認(確定)してください。(近傍に公共基準点が無い場合は、任意座標の使用可能です。)
  4. 土地所有者(または相続人が複数の場合、原則として、土地所有者(相続人)全員の申請(捺印 )が必要です。ただし、各々の委任状をもって代表者が申請することも可能です。(立会承諾は全員の捺印が必要です。)
  5. 境界確認事務の円滑化のために、公共用地境界確認事務の一部を一般社団法人東京公共嘱託登記土地家屋調査士協会へ委託しています。申請受付後、市または同協会から連絡します。どちらも事務内容に差はありません。なお、土地所有者 (実務取扱者)が、市または同協会を指定 ・途中変更することはできません。 同協会が担当となった場合は、同協会担当者の指示に従ってください。
  6. 境界確認後、市との境界点に必要な境界標は支給します。
  7. 申請後または立会終了後、一定期間 (6 か月程度) 経過しても、現地立会 または公共用地区域線測量図の提出が無い場合は、協議不成立とし、申請書は返却します。

(注記)申請書等の様式が令和4年4月から一部変更になります。令和4年4月から新様式で申請ください(以前の様式では申請できませんので御注意ください。)
(注記)申請書は窓口での配布及び下記PDFファイルからダウンロードできます。ダウンロードする場合は、厚手の紙で両面印刷して下さい。

境界確認申請に関する資料の作成要領

作成要領に従い、資料を作成ください。
資料名称 作成要領
(1)現地案内図 主な目標物、方位等を記載する。(住宅地図可)
(2)公図写し(所有者記名図・素図) 境界確認する公共用地に面する全ての土地について、法務局備付けの地図を広範囲を謄写し、境界確認する箇所に赤線を引く。なお、2部のうち1部は、土地所有者を各筆に記入する。
(3)土地所有者一覧表 境界確認する箇所、両隣り及び公共用地を挟む反対側(向こう三軒両隣)の土地所有者の住所、氏名、地積、地目を、登記簿(法務局)または土地台帳(市・課税課)を調査し作成する。
(4)現況実測平面図(縮尺1/250) 境界確認する付近の形状が明確に把握できるよう、申請地・方位・土地の地番・道路・水路・境界標(石標等)・塀・家屋等の形状・地物を明記した正確な実測図を作成する。また、近隣で既定の確定箇所がある場合は図示し、座標値・境界点間の距離・幅員を記載する。
(5)地積測量図写し 法務局または市・課税課備付けのもの。
(6)土地登記事項証明書写し 直近3か月以内のもの (注記)本表(3)の内容がわかるもの。
(7)比較検討図 別紙見本参照
(8)公共用地区域線測量図 別紙見本参照 (注記)境界確定後、市の道路管理用図面として保管・活用します。
(9)その他(資格証明書、相続証明書等) 内容が証明できる書類、市が必要と判断した書類は、その指示内容に従い用意する。

境界確認事務の主な流れ

 主な流れは次のとおりです。申請から境界確定までの期間は約2か月から3か月が目安となりますが、受付状況等により、 次の(1)から(8)までの各段階で3週間から4週間の時間を要する場合があります。また、個別の状況等によりさらに期間がかかる場合もあります。


(1)申請
(2)線形協議
  (見本を参照し比較検討図を作成・提出ください。色分け等し分かりやすく作成ください。)
(3)仮境界点設置・明示
(4)立会日調整・立会通知の発送
  (原則として、1週間前には立会通知を発送します。)
(5)現地立会・境界確認
(6)下図協議
  (見本を参照し公共用地区域線測量図の下図を作成 ・提出ください。)
(7)境界確定
  (下図協議に基づき公共用地区域線測量図を作成し紙及びPDF データで提出ください。)
(8)境界確定通知書の発行
  (土地所有者宛 に発行します。境界証明は別途申請の上、有償での交付となります。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部道路河川課
本庁舎:〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 本庁舎4階、恩多分室:〒189-0011 東村山恩多町5丁目31番地7
電話:市役所代表:042-393-5111(路政係、管理係、境界係、河川橋梁係、維持補修係)  ファックス:本庁舎:042-393-6846、恩多分室:042-395-4712
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
まちづくり部道路河川課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る