このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

心身障害者医療費助成(マル障)

更新日:2022年8月22日

 心身障害者医療費助成制度は、東京都が実施する制度で、心身障害者に対し、医療費の一部を助成することにより、心身障害者の保健の向上に寄与するとともに、福祉の増進を図るものです。

助成の内容

  1. 住民税非課税の方は、保険対象医療費の自己負担分が無料になります。
  2. 住民税課税の方は、保険対象医療費の自己負担分が1割負担になります。

注)令和元年8月1日より負担上限額が変わりました。詳しくはこちら

対象となる方(1から4のすべてに該当する方)

1.次のいずれかの障害程度に該当する方

  • 身体障害者手帳1級・2級、内部障害3級
  • 愛の手帳1度・2度
  • 精神障害者保健福祉手帳1級

2.所得制限基準額以下の方

  • 20歳以上の方は、本人の所得
  • 20歳未満の方は、世帯主または加入している社会保険の被保険者の所得

3.医療保険に加入している方(国民健康保険または各種社会保険)
4.東村山市に在住の方(施設に入所されている場合は、特例条件があります。)

対象とならない方

  1. 生活保護を受けている方
  2. 65歳を過ぎてから障害の程度に該当した方
  3. 後期高齢者医療の被保険者で、かつ住民税が課税されている方

申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳、愛の手帳または精神障害者保健福祉手帳
  2. 印かん
  3. 健康保険証
  4. 課税証明書(必要なものが異なるので、事前に障害支援課で確認してください。)
  5. 施設入所者は別に必要書類があるので、お問い合わせください。

注意事項

原則として、申請した月から有効ですが、認定の条件によって異なります。

所得制限

所得制限基準額
扶養親族の数 基準額
0人 3,604,000円
1人 3,984,000円
2人 4,364,000円

注)扶養親族等1人につき380,000円を加算します。

更新のかた

9月1日から使用できる新しい(マル障)受給者証を8月末に郵送します。

なお、65歳以上の後期高齢者医療被保険者証をお持ちで、本人の住民税が課税のかたは、(マル障)受給者証は受けられません。また、加入している健康保険証が変わった場合は、届け出が必要です。

注)更新に伴い有効期限が過ぎた(マル障)受給者証は返却不要です。ただし、転出、生活保護受給等で資格を喪失した場合は障害支援課へ返却してください。


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部障害支援課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:電話:市役所代表:042-393-5111(内線事業係3513、第1係3511、第2係3512、給付係3510)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部障害支援課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る