このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 健康・福祉・医療 の中の 障害のあるかた の中の 市からのお知らせ の中の 各種お知らせ の中の 北多摩北部地域 高次脳機能障害者支援ネットワーク協議会 市民交流事業 のページです。


本文ここから

北多摩北部地域 高次脳機能障害者支援ネットワーク協議会 市民交流事業

更新日:2022年1月21日

北多摩北部地域高次脳機能障害者支援ネットワーク協議会の市民交流事業「高次脳機能障害者とその家族が社会参加する際に感じる障壁」を下記日程にて開催いたします。

【重要なお知らせ】令和3年度市民交流事業について
令和4年1月29日(土曜)午後にコール田無で予定しておりました、本事業の対面開催は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため見送ることといたしました。なお、今回の講演内容については、インターネット上で配信を予定しております。内容が確定次第本ページでお知らせいたしますので、随時ご確認をお願いします。
インターネット上での配信につきましては、申込者限定を想定していることから、参加ご希望の場合は、東久留米市障害福祉課(下記申込方法参照)に連絡をお願いします。

高次脳機能障害とは

病気や外傷により脳が損傷し、話す、考える、覚える、集中することなどが難しくなり、社会生活に支障をきたす状態を「高次脳機能障害」と言います。

内容

病気や外傷により脳が損傷し、会話や思考などに支障をきたす高次脳機能障害の特徴を知り、暮らしやすくするための方法を皆さんと一緒に考えます。主催は北多摩北部地域高次脳機能障害者支援ネットワーク協議会、国立病院機構東京病院(北多摩北部圏域専門的リハビリテーションの充実事業受託医療機関)。協力は東京都心身障害者福祉センター。

1部 基調講演

「高次脳機能障害者とその家族が社会参加する際に感じる障壁」 
演者 上田 敏 (元東京大学医学部 教授)
座長  新藤 直子(東京病院リハビリテーション 医師)

2部 トークセッション (当事者の声)「就労までの障壁 就労での障壁 生活の中で感じる障壁」

当事者の具体的な体験を伺い、高次脳機能障害者が感じている障壁の解消について共に考えます。
コメンテーター  緑川 晶(中央大学文学部 教授)
司会       鴨下 博(田無病院リハビリテーション科 顧問)
サポーター    小川 よし子(西東京市保谷障害者福祉センター 施設長)

日時

令和4年1月29日(土曜)
午後2時30分から午後5時30分(午後2時00分開場)

会場

コール田無(西武新宿線田無駅北口 徒歩7分)手話通訳、車いすスペースがございます。
(注記)駐車場はございませんので公共交通機関でご来場ください。

定員

事前予約制120人

予約方法

東久留米市役所障害福祉課へ電話予約(042-470-7747)
予約受付期間 令和4年1月11日(火曜)から1月27日(木曜)
予約受付時間 月曜から金曜 午前9時から午後5時まで
FAX042-475-8181(住所・氏名・電話を記載)

(注記)新型コロナウイルス感染拡大防止のため定員等は変更する場合がございます。当日は事前に体温と体調確認をしていただき、風邪等の症状がある場合は参加はご遠慮ください。マスク着用、手指消毒、咳エチケットの徹底をお願いいたします。

主催・協力

主催

北多摩北部地域高次脳機能障害者支援ネットワーク協議会
国立病院機構東京病院(北多摩北部圏域専門的リハビリテーションの充実事業受託医療機関)

協力

東京都心身障害者福祉センター

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部障害支援課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:電話:市役所代表:042-393-5111(内線事業係3513、第1係3511、第2係3512、給付係3510)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部障害支援課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る