このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 健康・福祉・医療 の中の 高齢のかた の中の 介護保険 の中の 介護保険事業者向け情報 の中の 介護支援専門員向け情報 の中の 「生活援助中心型の標準利用回数超え届出書」の提出について のページです。


本文ここから

「生活援助中心型の標準利用回数超え届出書」の提出について

更新日:2021年12月16日

生活援助を一定回数以上利用する時

 「厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護」(平成30年5月2日付平成30年厚生労働省告示第218号)が公布されたことに伴い、平成30年10月1日以降、厚生労働省が提示する標準回数を超えて生活援助中心型訪問介護を利用する場合、保険者への届出が必要となりましたので、該当する場合は、市に届出書等ご提出ください。なお、これは要介護認定の更新ごとにご提出ください。

対象者

生活援助中心型(生活2・生活3)のみの利用で、次に掲げる回数を超えて利用するかた

(注記)東京都から厚生労働省へ確認したところ、厚生労働省は、「生活援助中心型」とはいわゆる「生活援助2・3」のことを指しており、身体介護と生活援助が混在する場合は含めないとの見解を示しています。このことから、東村山市としても、本届出の対象者は「生活援助」のみの利用者に限定します。ただし、この取扱いに関しては、厚生労働省より通知やQ&Aが発出された場合、その内容に沿って変更する可能性があります。

厚生労働省が提示する標準回数
要介護度

要介護1

要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
回数 27回 34回 43回 38回 31回

提出書類

備考

  • 居宅サービス計画の届出頻度について、一度市町村が検証した居宅サービス計画の次回の届出は、1年後でよいものとします。(令和3年度介護報酬改定による)
  • 疑義があるケースについては、地域包括支援センターとの定例会議等の場で検討する場合があります。その際は、給付指導係より担当者の方に個別に連絡させて頂きます。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部介護保険課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 いきいきプラザ1階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3501~3503)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部介護保険課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る